潜在患者数1280万人「骨粗鬆症」 新薬が登場!

健康

2017/01/27 07:00

 潜在患者数は1280万人ともいわれる骨粗鬆症。最初に手首が骨折しやすくなり、次に椎体(背骨)、腕、大腿骨近位部(太ももの付け根)と続き、「骨折ドミノ」「骨折の連鎖」と呼ばれる。大腿骨近位部を骨折すると、日常生活動作(ADL)が低下して寝たきりや認知症のリスクが上昇。死亡率も高くなる。将来的には2.5人に1人が大腿骨近位部骨折、つまり死のリスクが高い骨折を起こすと見られている。しかし、昨年発売された新薬に、治療や通院の負担軽減が期待されている。

あわせて読みたい

  • 骨折してからじゃ遅い! 骨粗鬆症のリスクを調べる方法とは?

    骨折してからじゃ遅い! 骨粗鬆症のリスクを調べる方法とは?

    dot.

    8/21

    カルシウムだけじゃダメ! 骨粗鬆症の治療・予防に必要な栄養素とは?

    カルシウムだけじゃダメ! 骨粗鬆症の治療・予防に必要な栄養素とは?

    dot.

    8/20

  • 「いつのまにか骨折」引き起こす骨粗鬆症 若い女性も要注意

    「いつのまにか骨折」引き起こす骨粗鬆症 若い女性も要注意

    dot.

    8/19

    「抱っこで赤ちゃんの股関節が脱臼」はホント? 軟骨がすり減る影響も!

    「抱っこで赤ちゃんの股関節が脱臼」はホント? 軟骨がすり減る影響も!

    dot.

    10/22

  • 黒柳徹子が明かした「大腿骨骨折」 患者数が年々増加、寝たきりリスクも

    黒柳徹子が明かした「大腿骨骨折」 患者数が年々増加、寝たきりリスクも

    dot.

    9/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す