レイザーラモンHG夫妻「どっちかが稼いでいればいいか」懐事情を明かす (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

レイザーラモンHG夫妻「どっちかが稼いでいればいいか」懐事情を明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
お笑い芸人・レイザーラモンHGさんと元グラビアアイドルの住谷杏奈さん。個性的な夫婦の懐事情とは? (※写真はイメージ)

お笑い芸人・レイザーラモンHGさんと元グラビアアイドルの住谷杏奈さん。個性的な夫婦の懐事情とは? (※写真はイメージ)

 2005年、サングラスに黒革の衣装で「フォー!」と叫び、大ブレークしたお笑い芸人・レイザーラモンHG。元グラビアアイドルの住谷杏奈と結婚後、順風満帆な日々は長くは続かずに収入が激減したが、妻がファッションディレクターとして「商才」を開花させ家計を懸命に支えた。そんな夫婦ならではの懐事情とは?

※「レイザーラモンHG『僕がプレゼントした指輪を七輪に…』妻との結婚秘話」よりつづく

*  *  *
――結婚後、妻はグラビアタレントをやめて専業主婦に。迷いはなかったのだろうか?

妻:いえ、全然売れてなかったですし。この世界に入ったのは、10代のとき、OLYMPUSの写真のコンテストに応募して優勝したからなんです。

夫:え、そうなんだ?

妻:知らなかった?(笑)優勝の賞品として写真集とDVDをサイパンで撮って、それがきっかけでグラビアを始めた。でも母も専業主婦だったので、専業主婦願望があったし。

夫:僕はそのころ、お笑いをやりながら念願だったプロレスラーとしてデビューもできて、収入もあった。「任せとけ!」って家庭に入ってもらいました。

――夫は大学時代にプロレス同好会に所属し、レスラーを夢見たこともあったという。

妻:相方のレイザーラモンRGさんも同じサークルだったんだよね。

夫:そう。僕は「将来プロレスをやるか、お笑いをやるか」で悩んだんです。でも一つ下の学年に、いま新日本プロレスで活躍してる棚橋弘至がいたんです。当時から体も一番できてたけど、その彼が2回生のときに新日本プロレスの入門テストを受けて、あっさり落ちたんです。「棚橋が落ちるのか……自分は無理だな」って、諦めた。

妻:で、一度、生協に就職したんだよね。

夫:でも結局、お笑いの夢が諦められなかった。約半年で辞めて、相方と吉本新喜劇に入ったんです。8年やってHGでブレークして。

妻:一気に月収が1千万円になって。

夫:08年に子どもも生まれてね。全てに「よっしゃー!」って思ってたときに、ケガしちゃったんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい