「可能性を秘めた選手ばかり」東尾修がWBCの打順を考えた! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「可能性を秘めた選手ばかり」東尾修がWBCの打順を考えた!

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#東尾修
オランダから来日し、ソフトバンクで活躍するバンデンハーク (c)朝日新聞社

オランダから来日し、ソフトバンクで活躍するバンデンハーク (c)朝日新聞社

 来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を前に、西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏が、侍ジャパンへの期待と不安を指摘する。

*  *  *
 侍ジャパンが11月にオランダと強化試合をするという。来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ向け、ただでさえ対戦機会の少ないヨーロッパのチームと試合をできるのは、本当に貴重だ。

 私が投手総合コーチを務めた前回大会(2013年)では、2次ラウンドでオランダと2試合戦って連勝したが、打者は強いスイングをしていた。世界一奪回を目指す日本の強力なライバルになるよ。ベストメンバーが来るかどうかは別として、肌で感じてもらいたい。

 国際大会では、国内で経験したことのない事象が起きる。前回大会では、準決勝のプエルトリコ戦で相手投手に苦しめられた。何しろ、まともな直球はない。投球間隔を空けずに、どんどん投げ込んでくる。打者の準備が整わないうちに投球動作に入るほどで、なかなか対応できずに敗れた。

 11月のオランダ戦で、小久保裕紀監督がどんな選手を選ぶかに注目したい。

 投手に関して言えば、すでに力量のわかっている投手を呼ぶ可能性は低いのではないか。

巨人・菅野、日本ハム・大谷は休養に専念させてもいいだろう。シーズン中の疲労からしっかり回復し、早くWBC本大会に向けた準備をしてもらったほうがいいと思う。

 野手は違う。昨季来日し、今季は初登板から14連勝の日本新記録を樹立したバンデンハーク(ソフトバンク)がいるように、オランダ投手陣の潜在能力は高い。いろんな投手を見ておくべきだ。

 日本は本当に若き才能が揃っている。世界一連覇を果たした09年の第2回大会もイチロー(現・米マーリンズ)、松坂大輔(現ソフトバンク)の投打の軸を中心に、脂の乗り切った選手が多かったが、今回は若くて可能性を秘めた選手ばかりだ。世界一へ向けての戦力としては申し分ない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい