舛添都知事“茶番”劇場 自公が引導を渡せない裏事情 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

舛添都知事“茶番”劇場 自公が引導を渡せない裏事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
「安」の字を紹介し、ご満悦だった舛添氏 (c)朝日新聞社

「安」の字を紹介し、ご満悦だった舛添氏 (c)朝日新聞社

 海外豪遊出張や公用車の公私混同など政治資金を巡る問題に揺れる舛添要一・東京都知事。

 そんな舛添氏を待ち構える試練が、6月1日に始まる都議会だ。

 5月25日には共産党都議団が、強い調査権限を持つ「百条委員会」の設置を提案したが、過半数を占める自民党、公明党は議会で舛添氏の説明を聞いてから判断すると主張。追及には消極的とも見える。

 都庁で、あるベテランの自民党都議に真意を聞こうと直撃すると、

「取材は幹事長に一本化することになったので、お話しできない」

 と、突き放された。宇田川聡史・都議会自民党幹事長を訪ねたが、個別での取材対応はしないという。そこで別の自民党都議を直撃すると、こう語った。

「きょう(27日)の自民党会派の総会で『幹事長一本化』が決まった。それ自体、舛添知事を批判するのを封じ込めることになるんですけどね。有権者は、自民党が舛添さんをかばっているという印象を持ち始めていますよね……。自公としては、舛添知事を生き延びさせて言いなりにさせるのがいちばん都合がいいということなんでしょう。私は自公は知事と絶縁宣言すべきだと思います」

 東京の今を伝える「都政新聞」の平田邦彦代表は、自公の狙いについてこう指摘する。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい