丸山茂樹 熊本出身プロの活躍に「熊本のみなさんが元気を出してくれたら最高」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹 熊本出身プロの活躍に「熊本のみなさんが元気を出してくれたら最高」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ギャラリーのみなさん、ご協力ありがとうございました (c)朝日新聞社

ギャラリーのみなさん、ご協力ありがとうございました (c)朝日新聞社

 プロゴルファーの丸山茂樹氏は、熊本地震の映像を見るたびに何ができるかと考え、ショックを受けるという。

*  *  *
 まずは熊本地震で亡くなられた方々に、心からお悔やみを申し上げます。

 テレビで現地の映像を見るたびにショックで。日本は地震が多い国だと分かっていながら、こういうことになってしまう。もう、活断層のある地域は一切油断しちゃいけないってことなんでしょうね。常に耐震性の問題を気にしながら、物事を進めていかないと。

 これまでは地震に関して「九州は大丈夫」みたいな感覚でいた人も結構たくさんいたと思うんですけど、その九州で起きた悲劇をしっかり心に刻んで、自分なりの行動に移していかないとダメですね。

 男子ツアーの今季国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」(4月14~17日、三重・東建多度CC名古屋)では、熊本出身のふたりが意地を見せました。

 3位に入った永野竜太郎(27)は、震度7を観測して大きな被害のあった益城(ましき)町出身。4位の重永亜斗夢(27)は熊本市の出身です。刻々と故郷の被害が知らされる中、本当はゴルフどころじゃなかったと思います。それでも戦い抜いて好結果を残したのは、プロゴルファーとして立派な態度だったなと思います。

 我々はどういう状況でも泣き言なしで最後までやらないといけないんです。最後までやって、被災した方々に勇気を受け取ってもらうってのも大事な役割だと思うんで。熊本のみなさんがふたりの頑張りを耳にして、少しでも元気を出してくれたら最高じゃないですか。あの試合の段階では、それが彼らにできる最大のことだった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい