球界初の4冠王も? ヤクルト・山田がすごいことに! (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

球界初の4冠王も? ヤクルト・山田がすごいことに!

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
絶好調の山田とヤクルト (c)朝日新聞社 

絶好調の山田とヤクルト (c)朝日新聞社 

「引退前の宮本は山田のことを買っていて、自分が抜かれるとしたらコイツだ、後継者になりうると思っていた。だからこそ期待を込めて『頭を使え』『右打ちしろ』『カウントに応じたバッティングをしろ』と小姑のように口うるさく言ってました。山田は素直なので宮本への不満を口にしたことはなかったが、煩わしいと思ってたはずですよ(笑)」(同前)

 日本代表に選ばれたときはそのキャプテンシーを評価され、ヤクルトの将来の監督候補と言われる宮本だった。

「宮本の言うことは正論なんですが、いかんせんしつこすぎる(笑)。同僚たちからはうるさがられ、いなくなってみんなホッとしていました」(ベテラン記者)

 意外な評判には驚くばかりだが、良薬も口に苦すぎたのか? 彼が引退してチームを去ったことが、ヤクルトの好調のみならず、走攻守三拍子そろった内野手の誕生につながったとしたら、何とも皮肉な話である。

週刊朝日  2015年10月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい