惣菜・コンビニ利用でも栄養バランスOKな1週間レシピ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

惣菜・コンビニ利用でも栄養バランスOKな1週間レシピ

このエントリーをはてなブックマークに追加
市販の総菜やレトルトパックをアレンジするとこのような料理ができあがる(撮影/写真部・植田真紗美)

市販の総菜やレトルトパックをアレンジするとこのような料理ができあがる(撮影/写真部・植田真紗美)

 月曜の夕食に食べるアジフライ。これは自分の家で揚げずに、総菜コーナーで売っているものを使う。1食分として半分食べ、残りは翌日の昼に、大根おろしとポン酢で、「おろし和え」にしていただく。月曜の夕食の付け合わせのポテトサラダは市販のレトルト。このほかに千切りキャベツやトマトを足して野菜をとる。ポテトサラダは翌朝、サンドイッチの具にも使う。

 水曜の夜に食べる総菜のトンカツは、まずそのままで半分を食べる。キャベツの千切りを添えよう。残りの半分は、翌日の昼に、卵と玉ねぎを加えて「カツ丼」に。

 パックのひじき煮は、半分をゆでた青菜と和える。ひじき煮の残り半分は、翌々日に「ひじきごはん」に変身だ。炊きあがったごはんと混ぜれば立派な一品になり、目先も変わる。缶詰も活用し、ツナはパスタや和え物に。

 この献立のポイントは、総菜やレトルトの1品だけを食べるのではなく、野菜を補うこと。これならば調理のハードルが下がり、初心者でも挑戦できそうだ。

週刊朝日 2015年9月11日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい