岡田准一も通った秘密のトレーニングルームがすごい 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岡田准一も通った秘密のトレーニングルームがすごい

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
三浦雄一郎プロスキーヤー、冒険家みうら・ゆういちろう 1932年、青森県生まれ。64年、イタリア・キロメーターランセに日本人として初めて参加、当時の世界新記録樹立。66年、富士山直滑降。70年、エベレスト・サウスコルで世界最高地点スキー滑降(ギネス認定)を成し遂げ、その記録映画「THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST」はアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞。85年、世界7大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年、08年、13年に70歳、75歳、80歳でエベレスト登頂を果たす。クラーク記念国際高等学校校長。『攻める健康法』など、著書多数(撮影/写真部・大嶋千尋)

三浦雄一郎
プロスキーヤー、冒険家

みうら・ゆういちろう 1932年、青森県生まれ。64年、イタリア・キロメーターランセに日本人として初めて参加、当時の世界新記録樹立。66年、富士山直滑降。70年、エベレスト・サウスコルで世界最高地点スキー滑降(ギネス認定)を成し遂げ、その記録映画「THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST」はアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞。85年、世界7大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年、08年、13年に70歳、75歳、80歳でエベレスト登頂を果たす。クラーク記念国際高等学校校長。『攻める健康法』など、著書多数(撮影/写真部・大嶋千尋)

神々の山嶺〈上〉

夢枕獏著

978-4087472226

amazonamazon.co.jp

沢木耕太郎著

978-4101235172

amazonamazon.co.jp

攻める健康法

三浦雄一郎著

978-4575154498

amazonamazon.co.jp

 がっしりとした体と快活な笑顔の持ち主で、82歳になった現在もプロスキーヤー・冒険家として活躍する三浦雄一郎さん。都内にある三浦さんの事務所で行われた作家・林真理子さんとの対談で山登りの面白さを語った。

*  *  * 
林:エベレストにお登りになる前のドキュメンタリーをテレビで見たことがありますけど、酸素の少ないところでトレーニングなさるんですね。

三浦:この事務所の1階の突き当たりが低酸素室なんですよ。出発前の半年ぐらい、週2回ずつそこに入ってトレーニングしてましたね。富士山の頂上だと酸素が30%くらい少なくて、5千メートルだと約半分になるんですが、それが人工的にできるようになってるんです。今度、夢枕獏さんの『神々の山嶺(いただき)』という小説が映像化されるんですけど、主演の岡田准一さんもここに来て、トレーニングしてましたよ。

林:そういえば「岡田准一、エベレストに挑む」って何かに大きく出てました。今日来ないかしら(笑)。

三浦:もう出発しちゃったかな。モンブランに登った「イッテQ!」のイモトアヤコさんも、スタッフと一緒に来られてました。

林:それは立派ですね。突然モンブランに行けるわけじゃないんですね。

三浦:僕は自分のためにつくったんですが、いろんな人がここでトレーニングしてます。

林:いまは世のため人のために。

三浦:というか、山が好きな人のためにね。ボクシングや自転車でオリンピックに出る人たちもトレーニングで来たりしてますけど。

林:沢木耕太郎さんの『凍(とう)』という本を読んでわかりましたけど、氷点下の厳しい環境のなかで排泄とか食事とか、そういう日常をこなしながら登っていくわけですよね。

三浦:それを承知で好きでやってるわけですから。

林:三浦さんはそういう状況の中でも、テントの中で手巻き寿司パーティーをしたり、お茶会をなさったりしたんでしょう?

三浦:そうそう。お茶の作法も知らないくせにね。せっかくならおいしいものを食べたいし、楽しみたいから。

林:そういう苦しい思いをしたごほうびとして、エベレストからの空や雲を見られるわけですね。

三浦:すばらしかったですね。どこに行ったって自然というのはすごいものですけど、氷の壁をずっと登っていって、そのまま宇宙に向かって歩いていくような感じでしたよ。

週刊朝日 2015年4月3日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい