羽生結弦がピーターパンに? ドン小西が改革熱望 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

羽生結弦がピーターパンに? ドン小西が改革熱望

フィギュアスケート選手 羽生結弦1994年、宮城県生まれ。4歳からスケートを始め、2012年の世界選手権で日本男子史上最年少で銅メダルを、14年ソチ冬季五輪では金メダルを獲得。14年11月の中国杯で練習中に他の選手と衝突してケガを負うが、12月のGPファイナルで優勝。日本男子初の2連覇を達成する=12月13日、GPファイナルで優勝 (写真:Getty Images)

フィギュアスケート選手 羽生結弦
1994年、宮城県生まれ。4歳からスケートを始め、2012年の世界選手権で日本男子史上最年少で銅メダルを、14年ソチ冬季五輪では金メダルを獲得。14年11月の中国杯で練習中に他の選手と衝突してケガを負うが、12月のGPファイナルで優勝。日本男子初の2連覇を達成する=12月13日、GPファイナルで優勝 (写真:Getty Images)

 2014年11月の中国杯で練習中に他の選手と衝突してケガを負うが、12月のGPファイナルで優勝。日本男子初の2連覇を達成したフィギュアスケートの羽生結弦選手にファッションデザイナーのドン小西氏は、コスチューム改革を期待する。

*  *  *
 今メンズのファッション界でもてはやされているのは、かわいくてキュートな男子。ゴツいイメージのスーツが売れなくて、業界じゃみんな困ってるんだよ。そんな中この人は、時代の求める男子のど真ん中。繊細で、大人になりきってない魅力もあるし、もちろんかわいいし、キュートだし。そんな少女マンガから飛び出したような子が、リアルで金メダルを取ったり、事故から立ち直ったりするわけだろ。そりゃあ、ハートをつかまれるわな。

 たださ、この人だけじゃなく、フィギュアの衣装って一様にあか抜けないよね。男子はたいてい黒のパンツに上だけゴージャス。スポーツのにおいがしないんだよ。袖や裾を長くして、演技をダイナミックに見せたいのはわかるけど、ソーシャルダンスじゃないんだから、ここまで昭和の香りは要らないって。

 ま、そんなよくあるパターンを打ち破って許されるのは、今はこの人だけ。長ズボンしか認められないとかいろいろ制約はあるだろうけど、ここはたとえばあどけなさを強調して、ピーターパン風で攻めてみるとかさ。20歳の若さを武器に、コスチューム改革、待ってます。

週刊朝日 2015年1月16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい