錦織圭の父「中卒だっていいと思った」 超一流アスリートの育て方 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

錦織圭の父「中卒だっていいと思った」 超一流アスリートの育て方

このエントリーをはてなブックマークに追加
錦織選手の才能はどのように伸ばされたのか(※イメージ)

錦織選手の才能はどのように伸ばされたのか(※イメージ)

 錦織(にしこり)圭選手(24)が躍動した。13歳で単身米国に渡って10年超。全米オープン男子シングルスの決勝の舞台で、敗れはしたが、天才少年が超一流のアスリートに成長したことを、世界中に示した。彼の才能に誰が、いつ気づいたのか。それは、どのように育てられ、伸ばされてきたのか。

 生まれたのは島根県松江市。父の清志さんは森林土木関係の技術者、母はピアノ講師。大学時代、テニス同好会に所属していた清志さんが軽い気持ちで贈ったおもちゃのラケットで遊び始めたのが5歳。ほどなく市内の「グリーンテニススクール」に通い始めると、コーチの柏井正樹さん(54)はその非凡さに目をみはったという。

「まだ体も小さく、体力もなかったが、『もう少し長く』『ちょっと高く』『もっと低く』などと、ボールの軌道に対して指示を出すと、すぐにそのとおりの表現ができた。ボールコントロールが抜群でこれはすごいな、と」

 幼いながらに、気持ちの切り替えのうまさも際立っていた。

「圭はスイッチを持っているんです。コートの外では本当に穏やかで優しい子。それが試合になり、『絶対に勝つぞ』というスイッチが入ると、ものすごい集中力と負けん気が顔を出す」

 負けず嫌いは、テニス以外でも健在で、例えばテレビゲームでは勝つまでやりたがった。才能と勝利へのこだわりが上手に噛み合い、島根はもちろん、国内でも知られる存在となっていったという。

 2001年、小学6年のときには全国選抜ジュニア選手権、全国小学生選手権、全日本ジュニア(12歳以下)で優勝。史上5人目となる全国3冠を達成した。当時、錦織選手とダブルスを組んでいた松江市北消防署の的野貴介さん(25)は、

「当時から別格だった。スイングスピードも速くてショットが正確。試合ではいつもミスをする僕に淡々と付き合ってくれたという感じ。大人でしたね」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい