高橋大輔も? ドン小西が「男子フィギュアの衣装は20年遅れてる」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高橋大輔も? ドン小西が「男子フィギュアの衣装は20年遅れてる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋大輔1986年、岡山県生まれ。小学生からフィギュアスケートを始め、2002年には世界ジュニア選手権で日本男子として初めて優勝するなど活躍。10年、バンクーバー五輪で銅メダルを獲得。ソチ五輪の出場も決定=12月22日、全日本選手権のフリー演技で、手を負傷しながら5位に食い込む (c)朝日新聞社 

高橋大輔
1986年、岡山県生まれ。小学生からフィギュアスケートを始め、2002年には世界ジュニア選手権で日本男子として初めて優勝するなど活躍。10年、バンクーバー五輪で銅メダルを獲得。ソチ五輪の出場も決定=12月22日、全日本選手権のフリー演技で、手を負傷しながら5位に食い込む (c)朝日新聞社 

 ファッションデザイナーのドン小西氏が、先日ソチ五輪の切符を手にした、フィギュアスケート男子の高橋大輔選手のファッションチェックをした。

*  *  *
 試合の衣装なのにあんまりタイトじゃないゆる系だし、今からコンビニにでも出かけるような格好じゃん。驚いた人も多いだろうね。ただしよくよく見ると、シャツが2枚重ねになっていて、下の白いシャツの光り物が、襟や袖からさりげなく見え隠れする凝った演出がある。ちょっと見は、ストリート風に見せてるけど、結局はゴージャスで官能的な、よくある高橋の衣装から外れてないんだよね。

 そもそも男子フィギュアの衣装のセンスっていうのは、スポーツウエアのなかでも独特。音楽や振り付け同様、現代風にアレンジしていこうという気持ちはわかるけど、結局は世間のファッションから20年は遅れてる。さらに、衣装だけが独り歩きして、おばちゃんたちにため息をどれだけつかせるか合戦、みたいになってるもんな。

 でも、これってスポーツなんだからさ。ダサい衣装より、肉体で勝負してとあたしは思うのよ。そこで提案です。男子フィギュアの試合だけは、日中に屋外でやってみるっていうのはどうかね。これならエスカレートした水っぽさも、おのずとブレーキがかかるような。

週刊朝日 2014年1月17日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい