腰痛がきっかけで発覚することも 平均生存期間3年のがんとは

がん

2013/04/14 10:30

 多発性骨髄腫は血液がんの一つで、発症の平均年齢は66歳と高齢者が中心だ。平均生存期間が3年という病気だが、分子標的薬と抗がん剤との併用療法によって、余命が格段に延びた。さらに、新薬の開発も盛んで、今後に期待が持たれている。

あわせて読みたい

  • 医師が伝授 腰痛から身を守る「座り方と寝具選び」

    医師が伝授 腰痛から身を守る「座り方と寝具選び」

    週刊朝日

    3/15

    日本の「国民病」腰痛は「心の病が原因」だった

    日本の「国民病」腰痛は「心の病が原因」だった

    6/1

  • 「不治の病」だった宮川花子の多発性骨髄腫 最新治療で完治も期待できる病気に

    「不治の病」だった宮川花子の多発性骨髄腫 最新治療で完治も期待できる病気に

    週刊朝日

    12/11

    原因不明の多発性骨髄腫 「新三薬」登場で余命向上へ

    原因不明の多発性骨髄腫 「新三薬」登場で余命向上へ

    週刊朝日

    1/19

  • 患者自身の細胞の移植も有効な治療法

    患者自身の細胞の移植も有効な治療法

    週刊朝日

    4/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す