被災地の女子アナがおすすめ 「松島温泉」からの絶景 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

被災地の女子アナがおすすめ 「松島温泉」からの絶景

このエントリーをはてなブックマークに追加
お湯はさらっとした肌触りで、無色透明。美肌効果がある。夜にはお湯につかりながら月光浴を(撮影/写真部・藤川望)

お湯はさらっとした肌触りで、無色透明。美肌効果がある。夜にはお湯につかりながら月光浴を(撮影/写真部・藤川望)

 景勝地として名高い、宮城県の松島。震災では比較的被害が少なく「奇跡の松島」と呼ばれている。温泉宿「松島温泉 湯元 松島 一の坊」からは、そんな奇跡の絶景を望むことができる。

【週刊朝日に掲載された写真はこちら】

 朝6時過ぎ。群青色の空が明るくなってくると、露天風呂に人が集まりだす。宿から見えるのは日本三景のひとつ、松島湾だけ。海の向こうから太陽が頭をのぞかせると、湯けむりが朝日に照らされ、辺り一面が黄金色に染まった。湯船の中では、「わあ……!」と思わず歓声が広がる。

 館内からは、どこからでも松島湾が見える。この風景を独占できるほどの贅沢があるだろうか。気がつけば、視線は窓の外へと向かい、移りゆく空と海を眺めてしまう。日常のあれこれが、次第にどうでもよくなってくる。

 自慢は7千坪にも及ぶ“水上庭園”だ。海と隣り合わせだが、幸いにも東日本大震災の津波被害はなかったという。

「奇跡の松島、と呼ばれています。島がたくさんあるので、津波はほとんど来なかったんです。でも、半年間はうちも休業して、復旧作業の方々を受け入れていました」とホテルのスタッフは話す。

 東日本放送のアナウンサー・若月貴代さんは、昨年、スパの取材で初めて訪れたという。「ここは風景が美しくて癒されます。宮城県の沿岸部は、震災から2年が経つ今も復興はまだまだ。松島は比較的被害の少なかった所なので、観光客の誘致など積極的に盛り上げたいです」(若月さん)

週刊朝日 2013年3月8日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい