五輪実施種目 近代5種とテコンドーの残留は利権争い

2013/02/19 07:00

 国際オリンピック委員会(IOC)は2月12日、スイス・ローザンヌで開いた理事会で、2020年夏の五輪で実施する25の中核競技を決めたが、そこにレスリングの名前はなかった。一方、除外の“本命”とされた近代5種とテコンドーはIOC理事会を前に、がっちりと“寝技”をしかけていた。

あわせて読みたい

  • 「伝統にあぐら」レスリング五輪除外の危機の裏側

    「伝統にあぐら」レスリング五輪除外の危機の裏側

    AERA

    2/19

    五輪枠争奪戦 伝統レスリングvs.“カネ直結”スカッシュ

    五輪枠争奪戦 伝統レスリングvs.“カネ直結”スカッシュ

    週刊朝日

    6/7

  • 五輪招致めぐる「コンサル料」問題 背景にJOCの“内弁慶”

    五輪招致めぐる「コンサル料」問題 背景にJOCの“内弁慶”

    AERA

    5/24

    IOCバッハ会長は中国の意に沿ったのか 「彭帥問題」で火種を抱えた平和の祭典

    IOCバッハ会長は中国の意に沿ったのか 「彭帥問題」で火種を抱えた平和の祭典

    AERA

    12/16

  • 森喜朗会長“居直り”謝罪に「日本人の恥」の声 上野千鶴子氏は「笑った人も共犯者」とばっさり

    森喜朗会長“居直り”謝罪に「日本人の恥」の声 上野千鶴子氏は「笑った人も共犯者」とばっさり

    dot.

    2/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す