咳が出るうちは必ずマスクを 「マイコプラズマ」拡大させぬ方法

2013/01/10 07:00

 子どもを中心に今年、急増したマイコプラズマ感染症。いまいちばん問題なのが、耐性菌の増加だ。10年前からそれを警告してきた病原微生物の研究者、北里大学北里生命科学研究所の生方公子(うぶかた・きみこ)特任教授は、子どもの第一選択薬の見直しを訴える。

あわせて読みたい

  • 4年に一度、細菌が暴れだす!? 「オリンピック肺炎」大流行の兆し

    4年に一度、細菌が暴れだす!? 「オリンピック肺炎」大流行の兆し

    週刊朝日

    11/22

    大流行中の「マイコプラズマ肺炎」を見抜く法

    大流行中の「マイコプラズマ肺炎」を見抜く法

    週刊朝日

    11/5

  • 30代ぐらいで丈夫な人ほど重症化 「マイコプラズマ感染症」とは?

    30代ぐらいで丈夫な人ほど重症化 「マイコプラズマ感染症」とは?

    週刊朝日

    1/8

    命の危険も! 「夏場の長引く咳」の“受診タイミング”は…?

    命の危険も! 「夏場の長引く咳」の“受診タイミング”は…?

    週刊朝日

    8/28

  • 医師の意見は真っ二つ 子どもに抗生物質処方するか

    医師の意見は真っ二つ 子どもに抗生物質処方するか

    AERA

    10/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す