華麗なプロゴルファー木戸愛 今年は2勝目狙う 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

華麗なプロゴルファー木戸愛 今年は2勝目狙う

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
木戸愛1989年神奈川県生まれ。10歳からゴルフを始め、東北高校時代の2006年、全国高等学校ゴルフ選手権(女子)で優勝。08年にプロ入りし、12年の「サマンサタバサレディース」で初優勝を果たす。所属はゼンリン(撮影/写真部・馬場岳人)

木戸愛
1989年神奈川県生まれ。10歳からゴルフを始め、東北高校時代の2006年、全国高等学校ゴルフ選手権(女子)で優勝。08年にプロ入りし、12年の「サマンサタバサレディース」で初優勝を果たす。所属はゼンリン(撮影/写真部・馬場岳人)

 10歳でゴルフを始め、2008年にプロ入りした木戸愛(きど・めぐみ)。平均飛距離250ヤードの日本一華麗な「飛ばし屋」の2012年は有言実行の一年だった。

 過去、木戸は様々なインタビューで「目標」を聞かれると、こう答えていた。「まずは、初優勝することしかありません」。

 プロ5年目、それを現実にした。昨年7月の「サマンサタバサレディース」で、通算14アンダーでツアー初勝利を果たした。初日から首位を守り抜き、最後は全美貞、不動裕理らを抑え込む強い勝ち方だった。

「最終日は『必ず並ばれる』と想定してました。だから、実際に9番でダブルボギーをたたいて不動さんに追いつかれたときも、必要以上に焦らず済んだのだと思います」。フォーム改造で得意のショットが安定してきたことに加え、メンタルも鍛えられたことが優勝を引き寄せた。

 身長172センチという恵まれた体形は、プロレスラーだった父・修さん譲りだという。ゴルフを始めるきっかけをつくってくれた修さんの言葉は、今も心に響くという。

「『勝ったのを忘れるのも大事。思い出すのも大事。その使い分けを自分で考えなさい』という言葉はすごく印象に残っています。考えれば考えるほど深い言葉だなって」

 成功体験に拘泥せずに、来季は2勝目を獲りにいく。

週刊朝日 2013年1月18日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい