清武派? 巨人Vでも頭を悩ます岡崎ヘッドコーチの処遇

2012/09/25 16:00


 原巨人が9月21日、3年ぶり34度目のリーグ制覇を決めた。シーズン序盤は借金が7にまで膨れ上がったものの、最後は貯金「43」で圧勝。翌22日のスポーツ報知には「原監督続投」という大きな見出しが躍った。開幕前、「3年連続Ⅴ逸は許されない」と球団社長が発言し背水の陣だった原辰徳監督に、続投のお墨付きが出た、ということだろう。しかし、"原内閣"の面々が安泰とはいかず、本家・永田町同様に"改造"となりそうだ。

あわせて読みたい

  • 「さらばナベツネ、私はかく戦う」

    「さらばナベツネ、私はかく戦う」

    週刊朝日

    12/7

    元巨人・清武英利氏  原監督1億円問題を「暴露してない」と語る

    元巨人・清武英利氏 原監督1億円問題を「暴露してない」と語る

    6/25

  • 戦力外通告の巨人・清原 「ここから飛び降りる」と悔しさを吐露していた

    戦力外通告の巨人・清原 「ここから飛び降りる」と悔しさを吐露していた

    週刊朝日

    7/6

    ジャーナリスト鳥越俊太郎氏「読売は原発みたいな構造」と指摘

    ジャーナリスト鳥越俊太郎氏「読売は原発みたいな構造」と指摘

    週刊朝日

    6/28

  • 注目集める元木大介ヘッドコーチ 「監督として見たい」の声も

    注目集める元木大介ヘッドコーチ 「監督として見たい」の声も

    週刊朝日

    3/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す