二度のがん経験した原千晶 手術よりつらかった抗がん剤治療 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

二度のがん経験した原千晶 手術よりつらかった抗がん剤治療

このエントリーをはてなブックマークに追加

「病理検査の結果、悪性のがんだとわかって、子宮の全摘手術をすすめられたんです。30歳の私はあまりの衝撃に、やっと出た言葉が『私、子どもが産めなくなるんですか?』でした」

 まだ若く未婚だった原さんにとって、受け止めきれない現実は、子宮頸がんという病気よりも、子どもが産めなくなるということ。母になる可能性を摘み取ることに対し、迷いに迷い、一度は決心した手術を前日になってキャンセルする。担当医は、原さんの苦悩を理解し、毎月の経過観察を条件に了承してくれた。

 手術からもうすぐ5年を迎えるという2009年の秋、今度は子宮頸部と子宮体部にがんが見つかる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい