7月から牛生レバーの販売中止 ファンが「レバ刺し特区」の設立を提案

2012/06/08 07:00

 レバ刺しをこよなく愛する人類を「レバサシアン」と呼ぼう。このレバサシアンが集う「レバ刺し帝国」がいま、滅亡の危機に瀕している。厚生労働省が7月1日から、生食用の牛レバー販売を禁止するためだ。禁止まであと1カ月。早くもレバ刺しが消えつつあり、レバサシアンは街中を流浪している。

あわせて読みたい

  • レバ刺し愛好家に吉報 牛レバーの殺菌実験スタート

    レバ刺し愛好家に吉報 牛レバーの殺菌実験スタート

    週刊朝日

    9/3

    7月からレバ刺し禁止も「抜け道」で食べられる?

    7月からレバ刺し禁止も「抜け道」で食べられる?

    週刊朝日

    6/6

  • 販売禁止から2カ月 今も「レバ刺し」を提供する店があった

    販売禁止から2カ月 今も「レバ刺し」を提供する店があった

    週刊朝日

    9/3

    肉フェスで食中毒157人 “生肉騒動”再燃か

    肉フェスで食中毒157人 “生肉騒動”再燃か

    週刊朝日

    5/27

  • レバ刺し禁止より原発を禁止するメリットの方が大

    レバ刺し禁止より原発を禁止するメリットの方が大

    週刊朝日

    11/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す