4・9ダルVS.イチロー初対決はダル有利? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

4・9ダルVS.イチロー初対決はダル有利?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 レンジャーズのダルビッシュ有(25)のデビュー戦は、4月9日(日本時間10日)にテキサス州の本拠地で行われるマリナーズ戦となった。いきなり大リーグの大先輩であるイチロー(38)と対決する。

「イチローさんは米国でも日本でもスーパースター。すごく楽しみ」 とダルビッシュ。

 大リーグ評論家の福島良一氏によると、イチローの昨季の対レンジャーズ戦の成績は打率1割台にとどまる。

 レンジャーズの投手陣は、カットボールやシンカーなど、手元で微妙に変化するボールを得意とする。イチローはこれらが苦手だというのだ。

「ダルビッシュも同じタイプなので、イチローは苦しむのではないでしょうか。レンジャーズ投手陣に蓄積されたイチロー対策を知ればなおさらです」(福島氏)

 大慈弥功(おおじみいさお)メッツ環太平洋担当部長によると、今シーズンのイチローの精神状態は例年以上によく見えるという。

 イチローは昨シーズン、200安打の連続達成記録が10年で途切れ、記録継続の重圧から解放された。加えて、今季からはイチローを慕う川崎宗則がマリナーズに加入した。

「気安く語り合える川崎の存在は、今のイチローにとってかなりプラス」(大慈弥氏)

 軍配はどちらに。

※週刊朝日 2012年4月13日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい