東大生がいま一番入りたい企業・官庁は? 就職先ランキング最新版 (1/2) 〈東大新聞オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東大生がいま一番入りたい企業・官庁は? 就職先ランキング最新版

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京大学新聞社東大新聞オンライン
2019年度東京大学卒業・修了者就職先上位一覧(東京大学新聞社作成)

2019年度東京大学卒業・修了者就職先上位一覧(東京大学新聞社作成)

 東京大学新聞社は各学部・研究科への問い合わせを基に2019年度卒業・修了者の就職状況を集計した。民間企業は、学部卒業者では三井住友銀行が、大学院修了者ではソニーがトップ。中央省庁では、学部卒業者では総務省が、大学院修了者では国土交通省が最多だった。(東大新聞オンラインより転載)

【写真】東大ミス・ミスターコン、そろそろやめるべき?

*  *  *
 学部卒業者の就職先企業では前年度に続き三井住友銀行が最多で20人だった。続いて三菱UFJ銀行、PwCコンサルティングがランクイン。前年度の上位3社に入っていたアクセンチュア、東京海上日動火災は同率4位で並んだ。三大銀行は三井住友銀行が22人→20人、三菱UFJ銀行が14人→17人と前年度とほぼ同数だが、2016年度には2位だったみずほフィナンシャルグループ(みずほ銀行を含む)は減少が続き19年度はトップ20圏外に。三菱商事、伊藤忠商事、住友商事、三井物産の大手商社は19年度も上位にランクインしたものの11位→8位の三井物産以外は順位を下げた。

■入れ替わり激しいコンサル企業

 銀行・商社などが例年同様の顔触れの中、コンサルティング企業はここ数年入れ替わりが激しくなっている。アクセンチュアは上位で安定を見せるが、A.T.カーニーなどが圏外からランクイン。前年度17位のアビームコンサルティングは姿を消し、代わりに前年度圏外だったマッキンゼー・アンド・カンパニーが15位に復活。デロイト トーマツ コンサルティングは前年度11位から順位を1つ上げた。

 大学院修了者では、16年度から5位以内をキープしてきたソニーが35人で1位に。対して前年度1位の日立製作所は5位となった。ソニーに続く野村総合研究所、トヨタ自動車は例年通りの顔ぶれだが、トップ10には前年度13位のNTTデータや、前年度トップ20圏外からの楽天、また学部卒と同様PwCコンサルティングがランクイン。代わりにディー・エヌ・エー、中外製薬が姿を消すなど変動があった。


トップにもどる  東大新聞オンライン記事一覧


続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい