「セックス」に関する記事一覧

男の「いつまでもペニスに振り回される」人生 “妻だけED”の理由は?

男の「いつまでもペニスに振り回される」人生 “妻だけED”の理由は?

「妻に迫られても体力気力が追いつかない」「50代なのに、最近は“その気”になれなくなった」。そうお嘆きの男性諸氏の声をよく聞く。まだ若いつもりなのに心も体も思いどおりにならない

週刊朝日

1/18

  • 「挿入にこだわらない」セックスレスを改善するヒント

    「最近、妻が触らせてもくれないんだよね」。そう嘆いているアナタ、なぜだかわかっていますか? 「女性は閉経すると性欲がないからでしょ」。違う。夫との関係がよければ、性行為はなくても触れ合うことは妻も望ん

    週刊朝日

    1/9

  • 「性欲ある私っておかしい?」 シニア妻からのセックスレス相談が増加中

     性への関心は、男女も年齢も関係ない――。シニアの女性でもセックスを求め、楽しんでいる人はいる。そんな女性たちや彼女たちをサポートする専門家に話を聞いた。*  *  *「みんなに言われるんです、目覚め

    週刊朝日

    9/6

  • 「正直、挿入はしなくてもいい」 新しいセックススタイル「ベニス」って何?

     シニア世代の夫婦やカップルのなかには、性のすれ違いに悩む人も多いのでは? 男女問わず、性欲が衰えたり、まだまだセックスを楽しみたかったり。でも心配はご無用。お互いが満足できる方法はいろいろあるようだ

    週刊朝日

    9/5

  • 腟レーザーで腟がふっくら!? シニアのセックスライフ対処術

     いつまでもセックスライフを謳歌したい――そんな願望を持つシニア世代もいるが、ホルモンバランスの変化や肉体の衰えは、性機能にも影響をおよぼす。どう対処したらいいのだろうか。【シニアのセックス事情 「し

    週刊朝日

    9/4

  • シニアのセックス事情 「したい」男性は7~8割も女性は3割の現実

     今年で結婚26年になる会社員のアキコさん(仮名・59歳)は、更年期にさしかかった40代後半でセックスに興味を持てなくなった。「更年期のときは症状がけっこうきつくて、セックスどころじゃなかった。今は、

    週刊朝日

    9/3

  • 「性交渉はマスク着用かオンラインで」とNY保健局 コロナ禍での性のありかたとは

    「あなたの最も安全なセックスパートナーはあなた自身です!」 そんな思わず耳を疑うような呼びかけをしているのは、アメリカ・ニューヨーク市の保健局だ。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、コロナ禍での性

    dot.

    10/23

この人と一緒に考える

  • 北原みのり

    北原みのり

    「夜の街関係」にモヤモヤ ホストクラブは責めるが風俗は放置という現実

     作家・北原みのり氏の連載「おんなの話はありがたい」。今回は、新型コロナウイルスの感染が再び拡大する中でよく耳にする「夜の街関係」という言葉について。その言葉が覆い隠す現実に、もやもやするという。* 

    dot.

    7/28

  • 【アンジャ渡部不倫】「不倫は男のステータス」美人妻の夫が浮気するあきれた理由

     複数の女性との関係が報じられたお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建。妻の佐々木希は、紛れもない絶世の美女である。そんな妻がいながら、なぜ男は不倫という過ちを犯してしまうのだろうか…&

    dot.

    6/11

  • 渡部の不倫密会場所は多目的トイレの衝撃「人として最低」夫婦問題研究家がバッサリ

     週刊文春が報じたお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(47)の、複数の女性との不倫報道は世間に衝撃を与えた。妻の佐々木希は、誰もが認める「美人」。さらに、密会場所が多目的トイレなど、お世辞にも上品な

    dot.

    6/11

  • 「会社に行ってくる」とホテルへ、子連れで偽装工作も……コロナ禍でもなぜ不倫をやめられないのか

     緊急事態宣言が発令された4月は、多くの商業施設が休業、学校でも休校が相次いだ。不要不急の外出自粛が今以上に求められ、新しい生活様式に多くの人が戸惑った。だが、コロナ禍でも不倫という「濃厚接触」をやめ

    dot.

    6/10

  • 田原総一朗×紗倉まな 高齢者の「恋愛」と「性」の複雑な事情

     年老いた時、性とどう向き合うか──。2月末に高齢者の性を描いた小説「春、死なん」を出した人気AV女優・紗倉まなさん(27)と、85歳となった今も多方面で精力的に活動するジャーナリスト・田原総一朗さん

    週刊朝日

    4/4

  • 田原総一朗×紗倉まな「高齢者も、もっと性とか性欲に正直になっていいの?」

     年老いた時、性とどう向き合うか──。2月末に高齢者の性を描いた小説「春、死なん」を出した人気AV女優・紗倉まなさん(27)と、85歳となった今も多方面で精力的に活動するジャーナリスト・田原総一朗さん

    週刊朝日

    4/4

この話題を考える

  • 姑から「淫乱!」と罵声 舅からはセクハラも 夫の実家に帰省して起きた信じられないこと

     2019年も残すところあとわずか。正月は実家に帰省するという方も多いだろう。近年は、夫と妻、どちらの実家に帰省するかで意見が分かれることもあるようだ。 結婚情報サイトの「マイナビウエディング」が20

    dot.

    12/29

  • 中高年夫婦の「セックスレス」増加 “性欲ギャップ”解決するには?

     ここ70年間で、日本人の平均寿命は男女ともに25年以上延びた。長寿化の中で近年浮かび上がってきたのが、高齢者の「性」の問題だ。夫婦間のセックスレスで人知れず悩む高齢者が増えている。ライター・澤田憲氏

    週刊朝日

    8/26

  • “射精介助”オプションも 深刻化する高齢者と「性」問題

     高齢者の「性」の問題が長寿化の中で近年浮かび上がっている。単身高齢者が性的欲求を満たしてくれる相手がおらず、人知れず悩むケースもその一つだ。ライター・澤田憲氏が現状と課題をリポートする*  *  *

    週刊朝日

    8/26

  • コンドームにもっと関心を 性感染症予防を真剣にバカバカしく

     性行為などで感染する梅毒の感染者数が最悪の数字になっている。その数なんと7千人以上(2018年)。厚生労働省によると、戦後間もない1948年に患者数は22万人だったが、2010年には621人にまで減

    dot.

    6/3

  • 北原みのり

    北原みのり

    北原みのり「ブラジルで、百貨店で、性が白熱」

     作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。今回は意外な場所で広がる性の議論について。*  *  * 先日、ブラジルでセックスグッズショップを経営しているという女性が訪ねてきた。

    週刊朝日

    6/1

  • OTC化を望む声も 時代遅れの日本のアフターピル事情

     望まぬ妊娠を避けるための「アフターピル」。緊急用途の薬だが、日本では入手しづらい。薬のオンライン処方が解禁されるが、専門家からは、市販薬にすべきとの声も上がる。*  *  * 平日の深夜2時、神奈川

    AERA

    5/24

1 2 3 4 5

カテゴリから探す