パラアーチェリー日本代表にパートナーが触れて驚いた「素質」とは 誰もが知る事故から生還し大舞台へ

  • 岡崎愛子選手(35)、堀雄太さん(40)/パラアーチェリー車いすクラス日本代表の岡崎(左)はJR福知山線脱線事故で重傷を負った。堀は、体幹の弱い岡崎がベルトの巻き方を考えたり、利き手ではない左手で弓を引いたりと工夫を重ねて競技に参加しているところを見てほしいと語る(撮影/写真部・東川哲也)

    岡崎愛子選手(35)、堀雄太さん(40)/パラアーチェリー車いすクラス日本代表の岡崎(左)はJR福知山線脱線事故で重傷を負った。堀は、体幹の弱い岡崎がベルトの巻き方を考えたり、利き手ではない左手で弓を引いたりと工夫を重ねて競技に参加しているところを見てほしいと語る(撮影/写真部・東川哲也)

  • 関連記事

    • 両足のひざ下を切断…兄の事故をきっかけに「義肢装具士」の道へ 藤田兄弟の絆

      両足のひざ下を切断…兄の事故をきっかけに「義肢装具士」の道へ 藤田兄弟の絆

    • 遺伝性の病気で視力失い母にひどい言葉をかけた過去 ゴールボール日本代表が「居場所」を取り戻すまで

      遺伝性の病気で視力失い母にひどい言葉をかけた過去 ゴールボール日本代表が「居場所」を取り戻すまで

    • 「死んでおけばよかった」 JR宝塚線事故「最後の1人」が向き合った現実

      「死んでおけばよかった」 JR宝塚線事故「最後の1人」が向き合った現実

    写真の記事を読む
岡崎愛子選手(35)、堀雄太さん(40)/パラアーチェリー車いすクラス日本代表の岡崎(左)はJR福知山線脱線事故で重傷を負った。堀は、体幹の弱い岡崎がベルトの巻き方を考えたり、利き手ではない左手で弓を引いたりと工夫を重ねて競技に参加しているところを見てほしいと語る(撮影/写真部・東川哲也)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 「現実を嘆くよりどう生きるか」パラアスリートの強い思い JR宝塚線(福知山線)脱線事故で絶望した過去も

    「現実を嘆くよりどう生きるか」パラアスリートの強い思い JR宝塚線(福知山線)脱線事故で絶望した過去も

    AERA

    9/2

    室井佑月氏 JR福知山線事故に怒りをあらわ
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月氏 JR福知山線事故に怒りをあらわ

    週刊朝日

    10/11

  • JR西日本55年の歴史で初? 大阪環状線専用設計新型車両「323系」の魅力

    JR西日本55年の歴史で初? 大阪環状線専用設計新型車両「323系」の魅力

    AERA

    4/9

    栩内被告初公判の陰で 療養中のASKAが家族に土下座

    栩内被告初公判の陰で 療養中のASKAが家族に土下座

    週刊朝日

    7/30

  • 速報! ヤフー×本屋大賞「ノンフィクション本大賞」、最終ノミネート作10作品が発表

    速報! ヤフー×本屋大賞「ノンフィクション本大賞」、最終ノミネート作10作品が発表

    BOOKSTAND

    9/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す