写真・図版 | 江戸時代に大流行した感染症 「疱瘡」「麻疹」「虎列刺」は何と読む?〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

江戸時代に大流行した感染症 「疱瘡」「麻疹」「虎列刺」は何と読む? 1/4

このエントリーをはてなブックマークに追加
「みんなの漢字」編集部dot.#新型コロナウイルス#病気

幕末の浮世絵「諸神の加護によりて良薬悪病を退治す」。武士の姿をしたセメン、ホフマンなどの輸入薬が、腹痛や疱瘡などの病気を退治しており、雲の上の神々がこれを応援しています(都立中央図書館特別文庫室所蔵)

幕末の浮世絵「諸神の加護によりて良薬悪病を退治す」。武士の姿をしたセメン、ホフマンなどの輸入薬が、腹痛や疱瘡などの病気を退治しており、雲の上の神々がこれを応援しています(都立中央図書館特別文庫室所蔵)

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい