マスク生活で子どもたちに異変 「笑顔が減った」「反応が薄い」発育の懸念

  • 保育の現場では、マスクを着けているときはいつもよりわかりやすい発声を心がけたり、フェイスシールドを利用するなどの工夫が続いている(撮影/写真部・高野楓菜)

    保育の現場では、マスクを着けているときはいつもよりわかりやすい発声を心がけたり、フェイスシールドを利用するなどの工夫が続いている(撮影/写真部・高野楓菜)

  • AERA 2020年10月5日号より

    AERA 2020年10月5日号より

  • 関連記事

    • コロナ禍で「あーん」「もぐもぐ」がわからない子どもたち 保育や家庭でできること

      コロナ禍で「あーん」「もぐもぐ」がわからない子どもたち 保育や家庭でできること

    • 2歳未満はマスクをつけないで 「顔色の変化」がわからないデメリットの方が大きい

      2歳未満はマスクをつけないで 「顔色の変化」がわからないデメリットの方が大きい

    • 「アクティブ・ラーニング」で教育が変わる? 乳幼児期からできることとは(後編)

      「アクティブ・ラーニング」で教育が変わる? 乳幼児期からできることとは(後編)

    写真の記事を読む
保育の現場では、マスクを着けているときはいつもよりわかりやすい発声を心がけたり、フェイスシールドを利用するなどの工夫が続いている(撮影/写真部・高野楓菜)
AERA 2020年10月5日号より
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 「マスク世代の子ども」に知能低下リスク?専門家が考える対策とは

    「マスク世代の子ども」に知能低下リスク?専門家が考える対策とは

    ダイヤモンド・オンライン

    10/26

    「アクティブ・ラーニング」で教育が変わる? 乳幼児期からできることとは(前編)

    「アクティブ・ラーニング」で教育が変わる? 乳幼児期からできることとは(前編)

    出産準備サイト

    4/28

  • 「頭が良くなる」おもちゃに科学的根拠なし?! 脳が発達するおもちゃとは

    「頭が良くなる」おもちゃに科学的根拠なし?! 脳が発達するおもちゃとは

    dot.

    11/20

    19年目で手取り16万円、保育士の実態 書類に追われ、ケガにビクビク

    19年目で手取り16万円、保育士の実態 書類に追われ、ケガにビクビク

    AERA

    8/8

  • 「スマホ認知症」知的職業経験者が危ないワケ

    「スマホ認知症」知的職業経験者が危ないワケ

    週刊朝日

    3/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す