感染症医が教える「二日酔いの重症度が高いお酒」

連載「ワインは毒か、それとも薬か」

  • 岩田健太郎(いわた・けんたろう)/1971年、島根県生まれ。島根医科大学(現島根大学)卒業。神戸大学医学研究科感染治療学分野教授、神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長。沖縄、米国、中国などでの勤務を経て現職。専門は感染症など。微生物から派生して発酵、さらにはワインへ、というのはただの言い訳なワイン・ラバー。日本ソムリエ協会認定シニア・ワインエキスパート。共著に『もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典』、『ワインは毒か、薬か。』など

    岩田健太郎(いわた・けんたろう)/1971年、島根県生まれ。島根医科大学(現島根大学)卒業。神戸大学医学研究科感染治療学分野教授、神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長。沖縄、米国、中国などでの勤務を経て現職。専門は感染症など。微生物から派生して発酵、さらにはワインへ、というのはただの言い訳なワイン・ラバー。日本ソムリエ協会認定シニア・ワインエキスパート。共著に『もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典』、『ワインは毒か、薬か。』など

  • 二日酔いのなりやすさには飲む酒の種類が関係している「かも」という知見はある。 アダム・ロジャースが『酒の科学』で紹介している(写真:Getty Images)

    二日酔いのなりやすさには飲む酒の種類が関係している「かも」という知見はある。 アダム・ロジャースが『酒の科学』で紹介している(写真:Getty Images)

岩田健太郎(いわた・けんたろう)/1971年、島根県生まれ。島根医科大学(現島根大学)卒業。神戸大学医学研究科感染治療学分野教授、神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長。沖縄、米国、中国などでの勤務を経て現職。専門は感染症など。微生物から派生して発酵、さらにはワインへ、というのはただの言い訳なワイン・ラバー。日本ソムリエ協会認定シニア・ワインエキスパート。共著に『もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典』、『ワインは毒か、薬か。』など
二日酔いのなりやすさには飲む酒の種類が関係している「かも」という知見はある。 アダム・ロジャースが『酒の科学』で紹介している(写真:Getty Images)

あわせて読みたい

  • サラリーマン必見! 下痢と便秘の両方に効く「漢方」とは?

    サラリーマン必見! 下痢と便秘の両方に効く「漢方」とは?

    週刊朝日

    6/20

    「なぜ、お酒を飲むと人は酔っぱらうの?」日本人が酒に弱い理由を感染症医が語る
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    「なぜ、お酒を飲むと人は酔っぱらうの?」日本人が酒に弱い理由を感染症医が語る

    dot.

    6/18

  • 糖質制限もできる「焼酎」は二日酔いになりにくい? 感染症医が力説
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    糖質制限もできる「焼酎」は二日酔いになりにくい? 感染症医が力説

    dot.

    6/11

    今は第7次ワインブーム! 感染症屋が語る「経済成長」と「ワイン」の関係性とは?
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    今は第7次ワインブーム! 感染症屋が語る「経済成長」と「ワイン」の関係性とは?

    週刊朝日

    12/11

  • ワインとビール、太りやすいのはどっち?

    ワインとビール、太りやすいのはどっち?

    BOOKSTAND

    10/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す