楽器は使い放題、給食は児童発案、お茶の水小の“市民教育”とは?

  • お茶の水小の池田校長いわく「保護者は力強いサポーター」。保護者がお父さん・お母さん先生と称して授業をすることも。親にとっても学校の教育方針を実感できる良い機会だ (c)朝日新聞社

    お茶の水小の池田校長いわく「保護者は力強いサポーター」。保護者がお父さん・お母さん先生と称して授業をすることも。親にとっても学校の教育方針を実感できる良い機会だ (c)朝日新聞社

  • 愛子さまは学習院女子中等科の3年生。「保守的な教育は良いが皇室の期待に応えられていない」と言う学者も (c)朝日新聞社

    愛子さまは学習院女子中等科の3年生。「保守的な教育は良いが皇室の期待に応えられていない」と言う学者も (c)朝日新聞社

  • ドアのない教室では授業中の声も筒抜けだとか(撮影/竹下郁子)

    ドアのない教室では授業中の声も筒抜けだとか(撮影/竹下郁子)

  • 図書室も壁がなくオープンだ(撮影/竹下郁子)

    図書室も壁がなくオープンだ(撮影/竹下郁子)

  • 校庭の芝は保護者も管理をサポートする。隅にはビオトープも(撮影/竹下郁子)

    校庭の芝は保護者も管理をサポートする。隅にはビオトープも(撮影/竹下郁子)

  • 関連記事

    • 悠仁さまの進学問題で眞子さん、佳子さまが広げた波紋と紀子さまの悲痛 「学習院で学んでいれば…」

      悠仁さまの進学問題で眞子さん、佳子さまが広げた波紋と紀子さまの悲痛 「学習院で学んでいれば…」

    • 悠仁さま、目指すは東大? 学習院は巻き返しに必死

      悠仁さま、目指すは東大? 学習院は巻き返しに必死

    • 悠仁さまがお茶の水女子大学附属中に内部進学 競争よりも伸ばす教育

      悠仁さまがお茶の水女子大学附属中に内部進学 競争よりも伸ばす教育

    写真の記事を読む
お茶の水小の池田校長いわく「保護者は力強いサポーター」。保護者がお父さん・お母さん先生と称して授業をすることも。親にとっても学校の教育方針を実感できる良い機会だ (c)朝日新聞社
愛子さまは学習院女子中等科の3年生。「保守的な教育は良いが皇室の期待に応えられていない」と言う学者も (c)朝日新聞社
ドアのない教室では授業中の声も筒抜けだとか(撮影/竹下郁子)
図書室も壁がなくオープンだ(撮影/竹下郁子)
校庭の芝は保護者も管理をサポートする。隅にはビオトープも(撮影/竹下郁子)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 悠仁さまの同級生は「ご学友」に魅力を感じていない?

    悠仁さまの同級生は「ご学友」に魅力を感じていない?

    週刊朝日

    5/29

    宮内庁関係者が心配する「悠仁さま」のこれから

    宮内庁関係者が心配する「悠仁さま」のこれから

    週刊朝日

    7/31

  • 紀子さまもプレッシャー 小6悠仁さまが選ぶ受験先

    紀子さまもプレッシャー 小6悠仁さまが選ぶ受験先

    週刊朝日

    9/13

    上皇さま、天皇陛下、愛子さま…時代とともに変化する「帝王教育と同級生」

    上皇さま、天皇陛下、愛子さま…時代とともに変化する「帝王教育と同級生」

    週刊朝日

    8/8

  • 佳子さまだけじゃない? 実は昔からいた「アイドル皇族」

    佳子さまだけじゃない? 実は昔からいた「アイドル皇族」

    BOOKSTAND

    10/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す