「朴槿恵」に関する記事一覧

朴槿恵前大統領罷免 混乱が続く韓国の行方は…
朴槿恵前大統領罷免 混乱が続く韓国の行方は…

「数カ月間止まっていた時間がようやく動きだしました」(50代後半、会社員、男性)

週刊朝日
首脳会談は朴槿恵の代理? 弾劾可決に王手へ
首脳会談は朴槿恵の代理? 弾劾可決に王手へ
大統領弾劾へ向けた動きが慌ただしくなってきた。
朴槿恵
週刊朝日 11/30
朴槿恵「絶体絶命」 韓国大統領の末路がいつも悲惨な理由
朴槿恵「絶体絶命」 韓国大統領の末路がいつも悲惨な理由
大統領やその周辺が、金銭まみれの事件に巻き込まれる国。韓国のそんな不名誉な連鎖は、今回もまた断ち切られることはなかった。
朴槿恵
AERA 11/21
韓国前代未聞の大統領聴取へ 「愚友」しかいなかった朴槿恵の孤独の闇
韓国前代未聞の大統領聴取へ 「愚友」しかいなかった朴槿恵の孤独の闇
韓国初の女性大統領になった朴槿恵(パク・クネ)がスキャンダルで絶体絶命のピンチに陥っている。父で大統領だった朴正煕(パク・チョンヒ)と母親をそれぞれ暗殺事件で亡くすという壮絶な過去を乗り越えたかに見えた大統領。ノンフィクションライターの菅野朋子氏が事件を取材すると、深すぎる「孤独の闇」が見えてきた。
朴槿恵
週刊朝日 11/16
核弾頭ぶち上げた北朝鮮のナゾのビラまき
核弾頭ぶち上げた北朝鮮のナゾのビラまき
3月18日、北朝鮮が2発の弾道ミサイルを日本海に向けて発射した。この3日前、「金正恩(キムジョンウン)第1書記が核弾頭爆発実験と弾道ミサイルの試験発射の準備を指示した」という報道を受けた韓国の朴槿恵(パクウネ)大統領が、「北朝鮮が挑発を続ければ自滅の道を歩むことになる」と警告したばかりだった。
北朝鮮朴槿恵
週刊朝日 3/23
産経新聞前ソウル支局長無罪 頓挫した朴大統領の“言論統制”
産経新聞前ソウル支局長無罪 頓挫した朴大統領の“言論統制”
「執行猶予付きの有罪」という大方の予想に反したどんでん返しとなった。
朴槿恵
週刊朝日 12/23
ドン小西 朴槿恵大統領のファッションを「古い着回し術」と一刀両断
ドン小西 朴槿恵大統領のファッションを「古い着回し術」と一刀両断
11月1日、ソウルで日中韓首脳会談が開催された。ファッションデザイナーのドン小西氏は、韓国の朴槿恵大統領の日替わり原色ジャケットは考え方が古いという。
朴槿恵
週刊朝日 11/12
MERSパニックで街は閑散 朴大統領、支持率急落で崖っぷち
MERSパニックで街は閑散 朴大統領、支持率急落で崖っぷち
韓国で中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス(以下、マーズ)のパニックが鎮まらない。
朴槿恵
週刊朝日 6/17
内需不振が続く韓国 米中と二股外交、秘策は南北会談
内需不振が続く韓国 米中と二股外交、秘策は南北会談
内政では保守vs.進歩の対立はさらに深まり、消費低迷で内需を圧迫。頼みの財閥にも陰りが見え始めた韓国。日本、さらに米国、中国との外交までも行き詰まっている韓国の今を、ノンフィクションライターの菅野朋子が探った──。
朴槿恵
週刊朝日 3/27
就任3年目の朴大統領を襲う内憂外患、韓国病
就任3年目の朴大統領を襲う内憂外患、韓国病
就任3年目を迎えた韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の正念場が続く。ノンフィクションライターの菅野朋子がその現状を明らかにする。
朴槿恵
週刊朝日 3/27
韓国でも「パワハラ」表す言葉 ナッツ・リターンの影響
韓国でも「パワハラ」表す言葉 ナッツ・リターンの影響
「ナッツ・リターン」事件で大きく注目を浴びている、韓国の財閥。その2世、3世は驚くべき待遇を受けているようだ。
朴槿恵
AERA 12/22
田原総一朗「『現実路線』に変わり始めた中国・韓国を直視せよ」
田原総一朗 田原総一朗
田原総一朗「『現実路線』に変わり始めた中国・韓国を直視せよ」
ジャーナリストの田原総一朗氏は、日本は諸外国に対して現実的な姿勢を示すべきだとこういう。
中国朴槿恵田原総一朗
週刊朝日 10/1
この話題を考える
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
50歳から早めの終活

50歳から早めの終活

人生100年時代、50歳はようやく折り返し地点といったところ。けれども、人生後半戦を安心して楽しむには、50歳から準備すべきことがたくさんあります。 老後資金はいくら必要か、年金はいくらもらえるか、お葬式やお墓はどうするか――。つい先送りしたくなる宿題への備えを取材しました。

5分でわかる! 新NISA

5分でわかる! 新NISA

2024年1月から大幅な制度拡充となったNISA。何から始めていいのかいまだに分からない人も多いのでは。新NISAは制度が恒久化するだけでなく非課税投資枠が拡大し、個人投資家にとって使い勝手がいい。すでに始めた人も、そうでない人も、いまいちど制度の内容を復習しよう。

新NISA
田原総一朗「韓国の『反日感情』は政治家とメディアが煽る幻だ」
田原総一朗 田原総一朗
田原総一朗「韓国の『反日感情』は政治家とメディアが煽る幻だ」
日本のテレビから韓流アイドルが消えた……。朴大統領の発言をはじめ韓国マスメディアの過熱する反日報道を受け、日本でも「反韓」と思えるような主張がしばしば見られる昨今、ジャーナリストの田原総一朗氏は、同国の実情をよく知る友人と話をする機会があったという。
朴槿恵田原総一朗
週刊朝日 4/25
日韓の「潜在的時限爆弾」 2015年問題とは
日韓の「潜在的時限爆弾」 2015年問題とは
なかなか改善がみられない日韓関係。しかし両国間の関係には「潜在的時限爆弾」がある。
朴槿恵
AERA 11/13
「マスコミの予測ははずれる」田原総一朗氏が選挙後の政権“右翼化”を否定
田原総一朗 田原総一朗
「マスコミの予測ははずれる」田原総一朗氏が選挙後の政権“右翼化”を否定
全野党が反原発を訴えるも、具体的な解決策を示すことができず惨敗に終わった今回の参院選。ジャーナリストの田原総一朗氏は、与党圧勝のこの状況以外にもさまざまな問題点があるという。たとえば、山本太郎氏の当選や共産党の都議選に続く躍進だ。
2013参院選朴槿恵田原総一朗集団的自衛権
週刊朝日 7/25
金正恩の挑発行為 対北政策の転換を願う叫び?
金正恩の挑発行為 対北政策の転換を願う叫び?
金正恩(キムジョンウン)第1書記が「金王朝3代目首領」となって1年。年長の側近らにかしずかれ、「自信過剰に陥っているのではないか。その方が心配だ」(専門家)と指摘されるほど、北の米国・韓国・日本などに対する挑発は度を越している。
北朝鮮朴槿恵
AERA 4/15
支持率50%! 韓国大統領選の台風の目は教祖的人気
支持率50%! 韓国大統領選の台風の目は教祖的人気
いまの韓国を代表するエリートが「既成政治打破」を訴えて大統領選に出る。若者層に「教祖的」人気を誇っている。
大統領選朴槿恵韓国
AERA 10/1
1
カテゴリから探す
ニュース
村上春樹がロシアで発禁に?プーチン政権下でLGBT関連“禁書騒動” 252冊のリストの真相【独自】
村上春樹がロシアで発禁に?プーチン政権下でLGBT関連“禁書騒動” 252冊のリストの真相【独自】
プーチン大統領
dot. 1時間前
教育
「英会話できて当然」の風潮も 英語を使う部署でなくても企業で強まる語学力重視の理由
「英会話できて当然」の風潮も 英語を使う部署でなくても企業で強まる語学力重視の理由
最強ビジネス英語
AERA 3時間前
エンタメ
岩田剛典が「前例のない」単独アリーナツアー開催 あらゆる活動の原動力は「挑戦心」
岩田剛典が「前例のない」単独アリーナツアー開催 あらゆる活動の原動力は「挑戦心」
AERA 1時間前
スポーツ
<ドジャースデビュー戦きょう生中継〉大谷翔平がアメリカの「野球少年の母」にとことん好かれる理由
<ドジャースデビュー戦きょう生中継〉大谷翔平がアメリカの「野球少年の母」にとことん好かれる理由
大谷翔平
dot. 4時間前
ヘルス
【ロボット手術】6つの機種の違いを徹底分析 ダビンチ以外も続々登場 適応を受けている領域一覧も掲載
【ロボット手術】6つの機種の違いを徹底分析 ダビンチ以外も続々登場 適応を受けている領域一覧も掲載
いい病院
dot. 18時間前
ビジネス
日経平均が史上最高値更新 それでも値上がり余地がある「出遅れ株」は? 専門家が注目する10銘柄
日経平均が史上最高値更新 それでも値上がり余地がある「出遅れ株」は? 専門家が注目する10銘柄
日経平均株価
dot. 2/25