お知らせ

AERA with Kids2024春号、3月5日発売!巻頭特集は「子どもの世界が広がる本124冊」/新学期&新学年応援3大特集/水野美紀さん、平野ノラさんインタビューも
AERA with Kids2024春号、3月5日発売!巻頭特集は「子どもの世界が広がる本124冊」/新学期&新学年応援3大特集/水野美紀さん、平野ノラさんインタビューも
小学生や未就学児を持つママ・パパたち向け子育て情報誌「AERA with Kids 2024年春号」が、2024年3月5日(火)に発売になりました。今号は「子どもの世界が広がる本」を大特集。さらに「新学期&新学年応援3大特集」と題し、「集中力が上がる!学習環境の整え方」「ストレス・緊張の処方箋」「つまずきやすい単元の予習」を特集。インタビューは、俳優・水野美紀さんと、芸人・平野ノラさんが登場しています。
3/5
【国際女性デー】「働く女性のリアル」を特集 ラッパーのAwichさんが表紙とインタビューに登場/『AERA』3月4日発売
【国際女性デー】「働く女性のリアル」を特集 ラッパーのAwichさんが表紙とインタビューに登場/『AERA』3月4日発売
3月4日発売のAERA3月11日号は、3月8日の国際女性デーにちなみ「働く女性のリアル」を特集。日本の女性が直面する現状や課題、模索する持続可能な働き方とはどんなものかを考えます。その表紙には、女性のカリスマでもあるラッパーのAwichさんが登場。ロングインタビューでは、自分の命とエネルギーをかけてやりたいことへの思いを語っています。突然の結婚発表で国内外に衝撃が走った大谷翔平選手についての記事も。その存在が、世代を超えた多くの人にどれだけ影響を与えているかがわかります。新しい女性像を切り開き、社会問題への発言でも注目される小泉今日子さんのインタビューもあります。また、一人の人生に迫る人物ルポ「現代の肖像」は、純烈のリーダー、酒井一圭さんが登場します。大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は、俳優の仲野太賀さんとの対談が続き、「仕事とプライベート」について語り合います。ほかにも、多彩な記事が詰まった一冊をぜひご覧ください。
3/1
【国際女性デーイベント】「女性」をテーマに各編集長がゲストと生き方、働き方、子育てなどを語り尽くす!AERAの3媒体が3月5~8日にトークライブ配信
【国際女性デーイベント】「女性」をテーマに各編集長がゲストと生き方、働き方、子育てなどを語り尽くす!AERAの3媒体が3月5~8日にトークライブ配信
ニュース週刊誌「AERA」とニュースサイト「AERA dot.」、そして子育て情報誌「AERA with Kids」の3媒体は、2024年3月8日(金)の国際女性デーを前に、女性の悩みに寄り添い、少しでも楽しく有意義な生き方や働き方を一緒に考えるため、3月5日(火)~8日(金)の4日連続でライブ配信を行います。5~7日には、各媒体の編集長がゲストと共に女性の生き方、働き方、子育てなどをテーマにトーク。最終日の8日には、3媒体の編集長がそろって、それまでのライブ配信を振り返り、各媒体での取材などを通して見える女性をとりまく課題などについてじっくりと話し合います。
2/27
【全国トップ5を速報!】週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』2月26日発売/のべ4901病院の最新の手術数ランキングが明らかに…
【全国トップ5を速報!】週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』2月26日発売/のべ4901病院の最新の手術数ランキングが明らかに…
朝日新聞出版は2024年2月26日(月)に、週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2024』を発売しました。毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、今回は創刊22年目。2022年1年間に実施された手術数のランキングを31の治療法別に掲載しています。さらに、本リリースで最新版の結果から、4つの分野での手術数ランキング全国トップ5を速報しております。
2/26
岩田剛典さんがAERAの表紙とロングインタビューに登場 川島如恵留さんのインタビューも/『AERA』2月26日発売
岩田剛典さんがAERAの表紙とロングインタビューに登場 川島如恵留さんのインタビューも/『AERA』2月26日発売
2月26日発売のAERA3月4日号の表紙には、EXILEと三代目J SOUL BROTHERSのパフォーマーであり、ソロでも活躍する岩田剛典さんが登場します。ロングインタビューでは表現者としての思いをたっぷりと語ります。巻頭特集は「35歳から英語を伸ばす」。英語に苦手意識を持つ人も、ビジネスシーンではいまや必須というケースも多いでしょう。大人になって英語をどう学べばいいかヒントが詰まった特集です。Travis Japan川島如恵留さんが、英語を学ぶことや世界を目指すことについて語ったインタビューもあります。週刊朝日からお引っ越しした「大学合格者高校ランキング」。第一弾は、東大・京大・難関8大学「推薦」速報です。どの高校が推薦・特色・総合型の入試に強いのか一目でわかります。羽生結弦さんのアイスショー「RE_PRAY」。千秋楽公演を迫力の撮り下ろし写真と共にレポートします。注目が集まる新NISAは、スタートから1カ月でどの投資信託が買われたのかを、独自調査でランキング。大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は、俳優の仲野太賀さんとの対談が続きます。ほかにも、多彩な記事が詰まった一冊をぜひご覧ください。
2/26
【新サイト】朝日新聞出版の子育て・学び情報サイト『AERA with Kids+(プラス)』が、2月21日オープン!
【新サイト】朝日新聞出版の子育て・学び情報サイト『AERA with Kids+(プラス)』が、2月21日オープン!
株式会社朝日新聞出版は、小学生や未就学児の親に向けた子育て・教育情報サイト「AERA with Kids+(プラス)」を、2024年2月21日(水)にオープンしました。子育てに役立つ実用情報、子どもの学びを後押しする情報を選りすぐり、毎日お届けします。
2/21
INIがAERAの表紙とロングインタビューに登場 「たどり着いた“INIらしさ”がここにある」/『AERA』2月19日発売
INIがAERAの表紙とロングインタビューに登場 「たどり着いた“INIらしさ”がここにある」/『AERA』2月19日発売
2月19日発売のAERA2月26日増大号の表紙にはINIが登場。11人のメンバーによる表紙やグラビアは圧巻。ロングインタビューでは、自分たちの強みと絆、ライブにかける思いなどを語ります。巻頭特集は「災害で消えるローカル線」。能登半島地震や東日本大震災など、大きな災害では鉄道が寸断され、地方のローカル線はそのまま廃線となるケースもあります。「地域の足」である鉄道を守るには何が必要か、考えました。都内マンションの価格高騰が止まりません。1億円超えも珍しくない状況の背景には何があるのか徹底取材しています。大河ドラマ「光る君へ」は『源氏物語』を書いた紫式部が主人公です。常に注目される大河ですが、“朝ドラ成分多め”という独自視点で、その魅力を分析します。大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は、新たに俳優の仲野太賀さんをゲストに迎えました。今号から4号続く対談では、俳優論からプライベートの過ごし方まで語り尽くします。ほかにも、多彩な記事が詰まった一冊をぜひご覧ください。
2/16
【特集】「物流2024年問題」みんなの荷物が届かなくなる!?/ニュース解説「能登半島で大地震の“なぜ?“」、「政治家が裏金をつくる方法」/ニュース月刊誌「ジュニアエラ3月号」2月15日(木)発売
【特集】「物流2024年問題」みんなの荷物が届かなくなる!?/ニュース解説「能登半島で大地震の“なぜ?“」、「政治家が裏金をつくる方法」/ニュース月刊誌「ジュニアエラ3月号」2月15日(木)発売
親子で楽しく読めて、中学受験・高校入試の勉強にも役立つニュース月刊誌「ジュニアエラ」3月号が、2月15日(木)に発売されました。特集は、「物流2024年問題 みんなの荷物が届かなくなる!?」です。ニュース解説は、「能登半島で大地震の“なぜ?“」、「政治家がパーティーで裏金づくり!?」などを掘り下げます。スペシャル企画として、3月1日公開の「映画ドラえもん のび太の地球交響楽」紹介+ミーナの声役・芳根京子さんインタビューも掲載!
2/15
新しい学校のリーダーズがAERAの表紙とロングインタビューに登場 「私たちにしかできない新しい道を切り拓く」/『AERA』2月13日発売
新しい学校のリーダーズがAERAの表紙とロングインタビューに登場 「私たちにしかできない新しい道を切り拓く」/『AERA』2月13日発売
2月13日発売のAERA2月19日号の表紙には新しい学校のリーダーズが登場。唯一無二の存在感を蜷川実花が捉えた圧巻の写真は必見です。ロングインタビューでは、知られざる葛藤と野望を語っています。巻頭特集は「がんで仕事をやめない」。がんは、いまや2人に1人がかかる国民病です。治療と仕事を両立するために大事なこと、家族はどう支えればいいか、また小児がんの子どもをケアする親たちの過酷な状況などを総合的に報じています。映画「マッチング」で共演する土屋太鳳さんとSnow Manの佐久間大介さんの対談も収録。映画を通し、愛のさまざまなあり方を考えたという二人の深いトークです。1テーマを深掘りする「時代を読む」では、「セックスせずに妊娠したい」という思いから、今広がりつつある妊活について詳報しています。大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は、シンガー・ソングライターのJQさんがゲストの4回シリーズのラスト回。JQさんから「洸平くんにめちゃくちゃ期待してる」という力強い言葉も飛び出します。ほかにも、多彩な記事が詰まった一冊をぜひご覧ください。今号は通常の月曜日発売ではなく、2月13日(火)発売です。
2/9
Snow Manの深澤辰哉さんがAERAの表紙とロングインタビューに登場 「Snow Manにゴールはない」/『AERA』2月5日発売
Snow Manの深澤辰哉さんがAERAの表紙とロングインタビューに登場 「Snow Manにゴールはない」/『AERA』2月5日発売
2月5日発売のAERA2月12日増大号の表紙にはSnow Manの深澤辰哉さんが登場。初のホームドラマに挑戦中の深澤さんが、演じることへの思いや「居心地の良さが別格」というグループの仕事にかける思いなどをたっぷり語ります。巻頭特集は「叱れない社会」。職場で、子育てで、スポーツ指導で、「叱り方がわからない」「叱りにくい」など悩みが続出しています。叱り方をどうアップデートすればいいのか、いま求められる「厳しさ」とは何なのか、考えます。今年は米大統領選があります。共和党の指名候補争いではトランプ前大統領が独走中。トランプ旋風再来の背景を探ります。大好評連載「大宮エリーの東大ふたり同窓会」は、新たに作家の小川哲さんをゲストに迎えました。この連載、20人目のゲストで初の作家ということで、作家の生活について大宮さんが深掘りします。大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は、シンガー・ソングライターのJQさんがゲスト。JQさんの「音楽をやめようとしたことがあった」という告白をめぐり、二人の話が深まります。ほかにも、多彩な記事が詰まった一冊をぜひご覧ください。
2/1
甲本ヒロトさんがAERAの表紙とロングインタビューに登場 レジェンドが語る「すべては自分が楽しむために」/『AERA』1月29日発売
甲本ヒロトさんがAERAの表紙とロングインタビューに登場 レジェンドが語る「すべては自分が楽しむために」/『AERA』1月29日発売
1月29日発売のAERA2月5日号の表紙にはミュージシャンの甲本ヒロトさんが登場。THE BLUE HEARTS、THE HIGH-LOWS、ザ・クロマニヨンズで、多くのミュージシャンに影響を与え続けてきたレジェンドが、尽きない衝動の秘密を語っています。巻頭特集は「企業が本当にほしい人材」。今どういう人材が求められているか、また企業側はほしい人材を獲得するためにどんな戦略が必要かなどを多角的に報じています。将棋の藤井聡太八冠の“鉄道愛”は筋金入りです。地方鉄道の救世主にもなると期待がかかる、その愛の源泉に迫る記事もあります。障害児の親たちが子育てと仕事を両立するのがいかに大変か、また社会のどんなサポートや変化が必要かなど、当事者たちによる座談会も収録。大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は、シンガー・ソングライターのJQさんがゲスト。JQさんの日米2拠点生活について興味津々な松下さんとの対談が続きます。ほかにも、多彩な記事が詰まった一冊をぜひご覧ください。
1/26
巻頭特集は「自民党にモノ申す」 派閥と裏金事件の闇に迫る総力特集/『AERA』1月22日発売
巻頭特集は「自民党にモノ申す」 派閥と裏金事件の闇に迫る総力特集/『AERA』1月22日発売
1月22日発売のAERA1月29日号は「自民党の裏金問題」について総力特集。派閥の政治資金パーティーを巡る裏金問題は、現職国会議員の逮捕にまで発展し政界を揺るがせています。26日招集の通常国会を前にこの問題を総合的に考えます。表紙は乃木坂46の中心メンバーであり、数々のドラマに出演し注目が集まる山下美月さん。華やかな花々をバックにした吸い込まれるような写真とロングインタビュー、必見です。年明けの能登半島を襲った大地震。石川県輪島市で、救助犬の捜索活動をルポしました。監督自身の性暴力被害をモチーフにした映画に出演する前田敦子さんと三島有紀子監督の対談も掲載。「罪の意識」について語り合います。大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は新たなゲストに、シンガー・ソングライターのJQさんを迎え、音楽談義のスタートです。ほかにも、多彩な記事が詰まった一冊をぜひご覧ください。
1/19
この話題を考える
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
【特集】男らしさ、女らしさって?「ジェンダー平等って何?」/中学入試直前!予想問題「周年編」/能登半島で起こった地震も写真で速報/小・中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ2月号」1月15日(月)発売
【特集】男らしさ、女らしさって?「ジェンダー平等って何?」/中学入試直前!予想問題「周年編」/能登半島で起こった地震も写真で速報/小・中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ2月号」1月15日(月)発売
親子で楽しく読めて、中学受験・高校入試の勉強にも役立つニュース月刊誌「ジュニアエラ」2月号が、1月15日(月)に発売されました。特集は、「ジェンダー平等って何?」です。ニュース解説は、「パワハラをなくすには?」「子どもへの性暴力、どう防ぐ?」などを掘り下げます。スペシャル企画として、公開中の映画「SPY×FAMILY CODE: White」紹介+主人公アーニャ役の声優・種﨑敦美さんインタビューも掲載!
1/15
巻頭特集は「能登半島地震が突きつけた現実」 耐震化率、避難生活での災害関連死、デマ問題、活断層などを総力取材/『AERA』1月15日発売
巻頭特集は「能登半島地震が突きつけた現実」 耐震化率、避難生活での災害関連死、デマ問題、活断層などを総力取材/『AERA』1月15日発売
1月15日発売のAERA1月22日号は「能登半島地震」について総力特集。真冬の能登半島を襲った震度7の巨大地震が突きつけた「現実」とはなんなのか、耐震化率、避難生活での災害関連死、デマ問題、活断層などさまざまなテーマで取材しました。地震列島に生きる私たちが日常から備えるために必要な情報を網羅しています。表紙は注目のドラマ「おっさんずラブ-リターンズ-」がスタートした、田中圭さん。「恋人から家族になった」という今作への深い思いをロングインタビューで語ります。一テーマを深掘りする「時代を読む」では、大阪・関西万博の問題を取り上げました。災害リスクや膨大なコストなど山積する課題を分析します。波紋を呼んでいるタレント松本人志さんの活動休止。社会の性加害に対する意識の高まりが背景にあることや今後の影響などを専門家に取材しました。大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は俳優の光石研さんとの対談、全4回のうちの最後の回です。「将来の夢」について語り合います。ほかにも、多彩な記事が詰まった一冊をぜひご覧ください。
1/12
山下智久さんがAERAの表紙に登場 「『秘境』への冒険を続けていきたい」/『AERA』1月6日発売
山下智久さんがAERAの表紙に登場 「『秘境』への冒険を続けていきたい」/『AERA』1月6日発売
1月6日発売のAERA1月15日増大号の表紙には、山下智久さんが登場します。音楽活動でも俳優としても常に挑戦を続ける山下さん。独立して4年目のいまの気持ちを率直に語るロングインタビューは必見です。巻頭特集は、正月明けのこの時期に特に気をつけたい健康がテーマ。「たんぱく質で健康革命」と題し、基礎代謝を上げるためにも大事な「たんぱく質」に注目しました。元日の能登半島を襲った巨大地震。深刻な被害を表す現地の写真と共に、何が起きたのか、真冬の地震にどう備えればいいかなどを詳報します。詳細なアンケートをもとに「女性管理職100人のホンネ」に迫る記事も掲載しました。管理職として働きたい女性が増えていますが、仕事や子育てを取り巻く課題はまだまだあります。当事者の声をもとにこの問題を考えます。大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は俳優の光石研さんとの対談が続きます。共演したドラマ「最愛」についての話も飛び出しています。ほかにも、多彩な記事が詰まった一冊をぜひご覧ください。今号は通常の月曜日発売ではなく、1月6日(土)発売です。
1/5
TOMORROW X TOGETHERの5人がAERAの表紙に登場 「限界を超えていきたい。この道にゴールはないから」/『AERA』12月25日発売
TOMORROW X TOGETHERの5人がAERAの表紙に登場 「限界を超えていきたい。この道にゴールはないから」/『AERA』12月25日発売
12月25日発売のAERA2024年1月1-8日合併号の表紙には、K-POP第4世代の中心的存在であるTOMORROW X TOGETHERの5人が登場します。2023年の飛躍を振り返り、これからにかける思いを語ったロングインタビューも実現しました。蜷川実花がとらえた5人の華麗な姿や花々との共演は必見です。巻頭特集は2テーマ用意しました。一つ目は、「ウクライナ、ガザ STOP WAR」。近年にあって、今年ほど「戦争」を意識した年はありませんでした。ウクライナとガザの現状、どうしたら戦争をなくすことができるのかについて考えます。二つ目の特集は、「いま読みたい本100冊」。読書家の本棚や47都道府県のご当地本など、興味深い内容がぎっしりです。「週刊朝日」の名物企画「ドン小西のイケてるファッションチェック」も復活! 大谷翔平選手、藤井聡太八冠など、2023年を彩ったスターたちの服装を総チェックします。好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は俳優の光石研さんとの対談が続きます。ここだけでしか聞けないトークをお楽しみに。ほかにも、多彩な記事が詰まった一冊をぜひご覧ください。
12/22
「SPY×FAMILY」のヒロイン、アーニャ・フォージャーが本誌だけの描き下ろしで表紙に登場 巻頭特集は「大人に刺さるアニメ」/『AERA』12月18日発売
「SPY×FAMILY」のヒロイン、アーニャ・フォージャーが本誌だけの描き下ろしで表紙に登場 巻頭特集は「大人に刺さるアニメ」/『AERA』12月18日発売
12月18日発売のAERA12月25日号の表紙には「SPY×FAMILY」のヒロイン、アーニャ・フォージャーが登場します。「劇場版 SPY×FAMILY CODE:White」から本誌のための描き下ろしが実現しました。表紙に合わせて、巻頭特集は「大人に刺さるアニメ」。「SPY×FAMILY」だけでなく、「葬送のフリーレン」や「薬屋のひとりごと」など、世代を超えて大人気のアニメが多数あります。その魅力はどこにあるのかを探ります。自民党の裏金問題を巡り、松野博一官房長官をはじめとする主要閣僚が辞任に追い込まれ、崖っぷちに立った自民党。腐敗の背景や今後の政権の行方などを分析します。スポーツ史上最高額でドジャースへの移籍が決まった大谷翔平選手について、この移籍は野球界全体にとっても最高の選択だったと在米ジャーナリストは指摘します。その理由はなんでしょうか。大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は新たなゲストに俳優の光石研さんを迎えます。松下さんが尊敬してやまない大先輩です。ほかにも、多彩な記事が詰まった一冊をぜひご覧ください。
12/15
Travis Japanの7人がAERAの表紙とインタビューに登場 「『壁はない』ことを発信していきたい」/『AERA』12月11日発売
Travis Japanの7人がAERAの表紙とインタビューに登場 「『壁はない』ことを発信していきたい」/『AERA』12月11日発売
12月11日発売のAERA12月18日号の表紙にはTravis Japanの7人が登場します。グローバルデビューから1年。事務所の垣根を越えて様々な舞台で活躍する7人が、今とこれからについて語るインタビューは必見です。巻頭特集は「50歳から『早めの終活』」。お金、人間関係、健康情報などを把握し、人生の棚卸しをすることで、人生後半が楽しくなります。50歳はまだまだという人、まもなく50歳を迎える人、すでに迎えた人、どんな人にも役立つ情報が入っています。プロフィギュアスケーターの高橋大輔さんは、自らプロデュースするアイスショーへの思いを単独インタビューで語ります。過去最多となった不登校についての記事もあります。親の責任を問うような風潮がありますが、「親の責任ではない」と専門家は断言。「不登校への無理解」の背景を探ります。大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は世界的フラワーアーティストのニコライ・バーグマンさんをゲストに迎えた、全4回対談の締めくくり。松下さんが最後に必ず聞こうと決めていた質問をぶつけました。ほかにも、多彩な記事が詰まった一冊をぜひご覧ください。
12/8
1 2 3 4 5
カテゴリから探す
ニュース
〈見逃し配信〉元CAが語るカスハラ体験はリアル「スチュワーデス物語」 動画撮られ拡散「パンツの線が出ている」
〈見逃し配信〉元CAが語るカスハラ体験はリアル「スチュワーデス物語」 動画撮られ拡散「パンツの線が出ている」
CA
dot. 1時間前
教育
自爪を整え見つけた美しい爪の“黄金比” 社長自らが見出したその比率とは
自爪を整え見つけた美しい爪の“黄金比” 社長自らが見出したその比率とは
職場の神様
AERA 1時間前
エンタメ
【祝】沢田研二、76歳の誕生日 ファンが選ぶ“後世に残したい究極の一曲”は? 「蠱惑的」「男の色香」の名曲が並ぶ10~6位
【祝】沢田研二、76歳の誕生日 ファンが選ぶ“後世に残したい究極の一曲”は? 「蠱惑的」「男の色香」の名曲が並ぶ10~6位
沢田研二
dot. 1時間前
スポーツ
ヤクルト村上の見逃し三振の球「ストライクだと打者はお手上げ」 「投高打低」は審判ジャッジが一因?
ヤクルト村上の見逃し三振の球「ストライクだと打者はお手上げ」 「投高打低」は審判ジャッジが一因?
村上宗隆
dot. 12時間前
ヘルス
〈鶴瓶の家族に乾杯きょう出演〉松山ケンイチさんが田舎暮らしを選んだ理由「妻が仕事の時は地元の方の力も借りて子育てしています」
〈鶴瓶の家族に乾杯きょう出演〉松山ケンイチさんが田舎暮らしを選んだ理由「妻が仕事の時は地元の方の力も借りて子育てしています」
松山ケンイチ
dot. 11時間前
ビジネス
「ゴルフ笹生選手のメジャー2勝目 ワンオンねらった終盤のチャレンジに脱帽」ローソン社長・竹増貞信
「ゴルフ笹生選手のメジャー2勝目 ワンオンねらった終盤のチャレンジに脱帽」ローソン社長・竹増貞信
竹増貞信
AERA 15時間前