「WBC2023」に関する記事一覧

WBC次回の決勝は「日本」で? 米国はさらに“ガチ”に? 2026年大会へ向け早くも議論

WBC次回の決勝は「日本」で? 米国はさらに“ガチ”に? 2026年大会へ向け早くも議論

 侍ジャパンの3大会ぶり3度目の優勝で幕を閉じたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)から約2週間の時が経った。日本のプロ野球はもちろん、メジャーリーグも新たなシーズンがすでにスタートしているが

dot.

4/8

  • 大谷翔平、トラウトらも参戦したWBC 過去最高視聴者数を記録するも「アメリカファーストが露骨すぎる」との声も

     14年ぶり3度目の世界一の感動が冷めやらない。野球の日本代表(侍ジャパン)が頂点を極めたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を振り返る。AERA 2023年4月10日号の記事を紹介する。* 

    AERA

    4/4

  • 大谷翔平のエンゼルス残留の理由に? WBCを見て感じた「マイク・トラウトという男の魅力」

     侍ジャパンの3大会ぶり3度目の優勝で幕を閉じた第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。MVPに輝いた大谷翔平(エンゼルス)が世界一を決めたマウンドで喜びを爆発させる姿は日本野球史の中でも

    dot.

    4/2

  • 工藤、古田、吉井…侍ジャパンの次期監督は誰?「イチロー待望論」は現実的か

     WBCで2009年の第2回大会以来14年ぶりの頂点に立った侍ジャパン。大谷翔平(エンゼルス)、吉田正尚(レッドソックス)、ラーズ・ヌートバー(カージナルス)の活躍、村上宗隆(ヤクルト)の復活劇、チー

    dot.

    3/30

  • 大谷翔平、ダルビッシュ有、ヌートバー WBCで放った侍たちの発言を振り返る

    「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)で、日本代表(侍ジャパン)が14年ぶり3度目の「世界一」となった。選手たちの活躍だけでなく、その発言も注目を集めた。AERA 2023年4月3日号の記事

    AERA

    3/29

  • 侍ジャパンに「唯一勝ったチーム」 中日は今季“ダークホース”となれるのか

     7戦全勝という形でワールド・ベースボール・クラシック(WBC)制覇を果たした侍ジャパン。史上最強という前評判通りの戦いぶりだったが、そんな中であることが密かに話題となっている。そんなチームに強化試合

    dot.

    3/28

  • WBC「全員野球」で世界一になった侍ジャパン 「陰のMVP」ダルビッシュ有の貢献度

     野球の日本代表(侍ジャパン)が14年ぶり3度目の「世界一」となった。国際大会「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の決勝で米国を破った。選手たちの活躍を振り返る。AERA 2023年4月3

    AERA

    3/28

この人と一緒に考える

  • WBC米国で「鳴り物応援」していたのは誰? 侍Jの優勝後押し、現地で“好評”日本の応援団

     ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一となった侍ジャパン。大谷翔平(エンゼルス)がMVPに輝くなど選手の活躍が目立ったが、それを後押ししたのが米国に場所を移した準決勝、決勝でも日本独自

    dot.

    3/23

  • 次回WBCのメンバーを予想! “新戦力”で期待したいのは? 「史上最強」更新の予感も

     日本列島を熱狂の渦に包み込んだ第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の戦いが幕を閉じた。コロナ禍の影響で今大会は6年ぶりの開催となったが、次回の第6回大会は2026年3月に開催する予定と

    dot.

    3/23

  • 大谷の“照れデスターシャ”、源田の“1ミリ”、ダルビッシュの男気…WBCを「バズったワード」で振り返る

     熱狂と興奮、感動のままに幕を閉じた第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。「史上最強」の名に恥じぬ戦いぶりで侍ジャパンが世界一に輝き、日本列島に久々の“野球フィーバー&rdq

    dot.

    3/23

  • 侍ジャパンの救世主・ヌートバー 次回WBCは米国と「争奪戦」の可能性

     WBC決勝・米国戦で3-2と激闘を制し、14年ぶりの世界一に輝いた侍ジャパン。村上宗隆(ヤクルト)、岡本和真(巨人)にアーチが飛び出し、投手陣も米国の強力打線を2失点でしのいだ。そして最後は劇的なフ

    dot.

    3/22

  • WBC優勝の侍ジャパン 早くもメジャー関係者が熱視線を送る「2人の打者」とは

     侍ジャパンが歴史の扉を開いた。WBC決勝戦で米国を3-2で撃破し、2009年の第2回大会以来14年ぶりの世界一に。投打で大活躍した大谷翔平(エンゼルス)がMVPに輝いた。 スポーツ紙デスクは、今回の

    dot.

    3/22

  • 大谷翔平はやはり“圧倒的”だった「史上最強」侍JがWBCで期待通り勝てたワケ

     第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝は侍ジャパンがアメリカを3対2で下して3大会ぶり、3度目の優勝を果たした。試合の最後は最終回から登板した大谷翔平(エンゼルス)がチームの同僚で

    dot.

    3/22

この話題を考える

  • WBC準決勝、侍Jが“スモールベースボール脱却”で死闘制す 決勝でカギを握りそうな「若き右腕」は?

     まさに死闘と呼べる一戦だった。 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝でメキシコと対戦した侍ジャパンは村上宗隆(ヤクルト)の逆転サヨナラタイムリーで劇的な勝利をおさめ、3大会ぶりとなる

    dot.

    3/21

  • 劇的勝利の侍ジャパン 22日8時からの日米決勝戦に「平日の朝で見られない!」の悲鳴

     こんな劇的な展開を誰が予想しただろうか。 WBC準決勝・メキシコ戦。侍ジャパンが難敵相手に、鮮やかなサヨナラ逆転勝利を飾った。1点差を追いかける九回無死一、二塁の好機。この試合4打数無安打3三振と快

    dot.

    3/21

  • WBCで侍ジャパンの打線が奮闘する理由 ヌートバーは「ペッパーミル」でファンの心掴む

     ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表(侍ジャパン)は準決勝でメキシコと対戦する。大谷翔平だけでなく、ラーズ・ヌートバー、近藤健介、村上宗隆にも注目が集まっている。AERA 2023

    AERA

    3/21

  • 「大谷翔平がいるだけで対戦相手に圧力を与えられる」 WBCで侍ジャパンが盤石の強さ

     ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表(侍ジャパン)が準々決勝で快勝した。チームは準決勝・決勝の開催地・米国へ。史上最強と言われる強さの理由を探った。AERA 2023年3月27日号

    AERA

    3/20

  • ヌートバー侍Jでは“低年俸”も今後は安泰? WBCでの活躍がもたらす「巨大な恩恵」

     ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で準決勝(日本時間21日)まで駒を進めた侍ジャパン。大谷翔平(エンゼルス)、ダルビッシュ有(パドレス)の招集などで開幕前から日本中が大騒ぎとなったが、大会

    dot.

    3/20

  • 米国がWBC決勝進出「大谷翔平を打ち崩して世界一」と日本戦熱望の声

     WBCの準決勝が米国現地時間の19日に行われ、米国がキューバに14-2で快勝。2大会連続の決勝進出を決めた。 力の差は歴然としていた。キューバは初回に無死満塁の好機を作り、昨年までソフトバンクでプレ

    dot.

    3/20

1 2 3

カテゴリから探す