「結婚」に関する記事一覧

  • 50代と60代の再婚 病気で別れの危機も? 熟年ゆえの迷いと気づき

    「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、

    dot.

    2/22

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    妻が寝込んでいるのに飲みに行った40代の夫の文化の違いとは?

     パートナーの家族といるとき、会話や行動に違和感を持ったことがある人は少なくないだろう。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「"普通"の違い」について解説す

    dot.

    2/20

  • アラ還・男女が結婚相談所に入会するそれぞれの事情 「宗教」が仲取り持つ?

    「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、

    dot.

    2/8

  • 45歳既婚女性が試しに登録したマッチングアプリ 半年で離婚から再婚への急展開…

    「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、

    dot.

    1/25

  • 「WEB業界」と「競技ダンス好き」は相性良好? AIが結ぶ「運命の赤い糸」

    「運命の人」は紹介や合コンよりアプリで探す時代になった。本人も知らない相性を見つけ出すのはAI。精度向上に東大の研究室も乗り出した。*  *  * それは「奇跡」とも言える出会いだった。 男性は40代

    AERA

    1/22

  • 合コンより右スワイプ 若者が婚活・恋活アプリを支持する理由

     恋活・婚活アプリの主なユーザー層は、20、30代。「草食」や「恋愛離れ」が指摘される世代だが、彼らはなぜこうしたアプリを愛用するのか。その世代の複数の男女から返ってきた答えは「低リスクで効率がいいか

    AERA

    1/22

この人と一緒に考える

  • 結婚10年の45歳女性がマッチングアプリで「大恋愛」に至るまで

    「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、

    dot.

    1/11

  • 58歳・71歳の新婚夫婦 結婚を決めてから入籍まで4年かかった「オトナ婚」ならではの理由とは?

    「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、

    dot.

    12/28

  • 前川喜平

    前川喜平

    【悩み相談】親にならぬほうがいい?両親が不仲だったため子育てに懐疑的

     文部科学省で事務次官を務めた前川喜平氏が、読者からの質問に答える連載「“針路”相談室」。今回は自身の家庭環境から、結婚や子育てを冷めた目で見てしまう男性からの相談です。*  

    週刊朝日

    12/27

  • 出会いは約30年前 58歳と71歳の新婚夫婦がそれぞれ離婚し、再婚に至るまで

    「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、

    dot.

    12/14

  • 50歳でスピード婚した女性が明かす「年齢を重ねた結婚」の秘訣

    「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、

    dot.

    11/23

  • 不仲でも「離婚しない女」 こじらせ妻に不倫で埋め合わせ妻も

     色あせた結婚生活を送っていれば、「離婚」という文字が頭に浮かぶのではないだろうか。しかし、別れを回避する女たちがいる。同居せずに生活費を要求し、不倫合コンで憂さ晴らし……

    週刊朝日

    11/19

この話題を考える

  • 49歳で3カ月の病気療養…結婚を諦めかけた女性が、わずか5カ月でスピード婚を果たした“きっかけ”とは?

    「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、

    dot.

    11/9

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    浮気がバレて24時間GPS監視、ゲーム課金で小遣い減 夫婦間の「自己責任論」の落とし穴

     フリージャーナリストの安田純平さんがシリアで武力勢力に拘束された事件で「自己責任」という言葉が注目を集めた。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんは、本人が言う「自己責任」と論客が言う「自己責任」は似て

    dot.

    11/7

  • 54歳で同窓会婚 躊躇していた女性を変えた“殺し文句”とは?

    「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、

    dot.

    10/26

  • チヤホヤされたイクメンから主夫へ 「今日も妻のくつ下は、片方ない。」が定着?

     10月10日、「いい夫の日」に発表された「主夫の友アワード」。これまで、放送作家の鈴木おさむさんや卓球の水谷隼選手、ユージさんらが受賞し、4年目の今年は山口祥義佐賀県知事や高田延彦さんらが授賞式に出

    dot.

    10/19

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    年収を抜かれた妻に海外勤務と言われ、キレた40代夫が抱くコンプレックスの深層心理

     共働き世帯が増えるにつれて、夫婦関係も変化している。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「年収をめぐる争い」について解説する。*  *  *「妻は、仕事に

    dot.

    10/17

  • 剛力彩芽&前澤氏VS石原さとみ&前田氏 企業価値、話題性、結婚…どっちが勝組?

     女優の剛力彩芽とファッション 通販サイト「ZOZOTAWN」の運営会社ZOZOの前澤友作社長、石原さとみとライブ配信アプリ「SHOWROOM」のCEO前田裕二氏との2組の熱愛報道が話題を集めている。

    週刊朝日

    10/14

5 6 7 8 9

カテゴリから探す