「痔」に関する記事一覧

排便時に強くいきむと発症する「きれ痔」 便秘になりやすい人は要注意!

排便時に強くいきむと発症する「きれ痔」 便秘になりやすい人は要注意!

 便秘がちで、排便の際に強くいきむことが多いと起こりやすくなるきれ痔。赤ちゃんから高齢者まで、広く発生することから、毎日、おしりの負担にならない排便習慣を続けることが、悪化防止・再発防止の要になる。*

dot.

9/15

  • 肛門に激痛、膿が出る! 「あな痔」を放置するとがん化するケースも

     痔は肛門周辺に起こる身近な病気といえる。痔には、いぼ痔(痔核)、あな痔(痔ろう)、きれ痔(裂肛)がある。あな痔は若い世代の男性に起こりやすく、前段階として、激痛を伴う「肛門周囲膿瘍」を発症

    dot.

    9/4

  • 放置すると大量出血で失神、がんの場合も! 意外に怖い“痔”

     痔は、働き盛りから高齢者まで、性別や年代を問わず、誰でもかかる病気だ。痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔ろう(あな痔)があって、そのうち痔核がもっとも患者数が多い。しかし、徐々に進行することや、恥ず

    週刊朝日

    2/1

  • 排便は5分以内がベスト! 習慣で変わる“痔”予防法

     痔は、働き盛りから高齢者まで、性別や年代を問わず、誰でもかかる病気だ。痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔ろう(あな痔)があって、そのうち痔核がもっとも患者数が多い。しかし、徐々に進行することや、恥ず

    週刊朝日

    2/1

  • 「血便」は痔だけじゃない 重大疾患のサインとは?

    「血便」は、何らかの疾患のサインである場合が多い。 便に血が混じっている場合、出血した箇所によって呼び名が違う。食道や胃、十二指腸など上部消化管からの出血を「下血」、下部消化管からの出血を「血便」とい

    週刊朝日

    2/1

  • お尻は手洗いで? 意外と知らない温水洗浄便座の“正解”

     1990年ごろから普及し始めた温水洗浄便座。訪日した中国人が爆買いするお目当ての“白物家電”としても有名だ。その爽快感と清潔感に病みつきの人も少なくないはずだ。しかし、思わぬ“罠”にかかっている人も

    週刊朝日

    4/6

  • 入院不要「ALTA療法」は“痔主”の救世主?

    入院不要「ALTA療法」は“痔主”の救世主?

     重症の痔の治療法は外科手術が主流で、1週間以上の入院が必要だ。しかし、近年、注射により内痔核を治療する「ALTA療法」が登場し、痔核(いぼ痔)など痔のタイプによっては日帰り治療も可能になった。また、

    週刊朝日

    1/13

この人と一緒に考える

  • 3人に1人が悩む“痔” 改善法は「睡眠をよくとる」

    3人に1人が悩む“痔” 改善法は「睡眠をよくとる」

     3人に1人が悩むとも言われるポピュラーな病気「痔」。特に痔核(いぼ痔)は痔のなかでもっとも患者数が多く、男女とも、痔の患者の約半数を占める。トイレでのいきみや便秘、下痢などが繰り返されることで起こる

    週刊朝日

    1/13

  • 目安は3分まで 便秘でいきむと痔になる危険が…

    目安は3分まで 便秘でいきむと痔になる危険が…

     多くの神経細胞を有し、弱ると免疫機能の低下によりさまざまな病気を引き起こす腸。その代表的なトラブルといえば「便秘」だが、いざ便秘になったときにはどうすればいいのだろうか? 東京都港区のマリーゴールド

    週刊朝日

    9/29

  • 痔の治療は切除と「ALTA」の併用が効果的

    痔の治療は切除と「ALTA」の併用が効果的

     痔とは肛門の周囲にできる病気の総称で、「痔核(いぼ痔)」「裂肛(切れ痔)」「痔瘻(じろう)」がある。なかでも患者数が最多なのが痔核だ。直腸や肛門の静脈がうっ血してふくらんだ状態をいい、直腸と肛門のつ

    週刊朝日

    1/20

この人と一緒に考える

1

カテゴリから探す