「熊本地震」に関する記事一覧

千鳥ノブ、ヒカキン、山田優らに「偽善」「売名行為」 西日本豪雨での“不謹慎狩り”に変化?

千鳥ノブ、ヒカキン、山田優らに「偽善」「売名行為」 西日本豪雨での“不謹慎狩り”に変化?

 西日本豪雨にまつわる有名人の言動が、ネット上で賛否を巻き起こしている。 岡山県出身のお笑いコンビ・千鳥のノブは8日、県内のあるコンビニの駐車場で物資を受け付けるという内容の投稿をリツイート。大量の物

dot.

7/13

  • マンションで地震発生! 専門家が準備した意外なものとは?

     熊本地震の直後、避難所暮らしや車中泊する被災者が多く報じられ、倒壊した一戸建て住宅の映像が何度もテレビに写し出されました。しかし、マンションでの避難生活の実態はあまり報じられませんでした。 東日本大

    dot.

    9/1

  • 突然の収入減で窮地に立ったシングルマザー 熊本地震の被災者が語る

     熊本を襲った大地震から約4カ月。被災地にはいまだ震災の爪痕が残る。目に見える被害だけでなく、仕事の不安やメンタル面、家族関係など、どう日常を取り戻したのか。*  *  *「いろんなことがあり過ぎて、

    AERA

    9/3

  • 熊本地震2カ月、被災者に劣らず支援が必要な人が

     熊本地震の被災地では、生活インフラの復旧が進み、仮設住宅も建ち始めた。その順調さの裏で、被災地の人々へ新たに迫りつつあるのが「心の危機」だ。 最大震度7の地震に2回襲われてから2週間が過ぎた4月下旬

    AERA

    6/15

  • 熊本地震で“水俣病再来”の危機 護岸損壊で有機水銀流出の恐れ

     熊本地震は、水俣病発生地の県南部の水俣市にも深刻な影響を与えていた。老朽化した護岸が壊れ、大きな余震が来れば、公害病の原因となった有機水銀が再び海へ流れ出すリスクが増していたのだ。同じ悲劇を繰り返し

    週刊朝日

    5/23

  • 修復に向けて動き出した熊本城の現在の姿【写真特集】

     熊本地震で甚大な被害を受けた熊本城の修復に向けた活動が始まった。18日からは国土地理院が熊本城に調査に入り、崩壊した石垣の形状を記録するなど、復旧の足ががりになるデータの収集を開始した。 あらためて

    dot.

    5/22

  • 大地震に襲われた熊本で、毎日手紙を運ぶ猫とおばあちゃんが起こした奇跡とは?

     熊本県玉名市のねこ、チャアチャは、107歳になる波恵おばあちゃんに2年半で800通もの手紙を届けた“伝書ねこ”だ。おばあちゃんとチャアチャの不思議な交流は、朝日新聞デジタルに動画がアップされ大反響を

    dot.

    5/18

この人と一緒に考える

  • 熊本地震は与党に追い風? 消えない安倍首相の“リセット解散”

     衆参ダブル選挙の判断を左右すると言われた、4月24日投開票の衆院ダブル補選。なかでも与党vs.野党統一候補の一騎打ちとなった北海道5区は、与党が辛勝した。選挙結果を分析すると、参院選の重要ポイントが

    週刊朝日

    5/11

  • 津田大介

    津田大介

    津田大介 災害報道批判に苦言「役割を再定義する必要がある」

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる、ジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。熊本地震の災害報道バッシングで見えたこととは。*  *  * 熊本地震を巡る報道――と

    週刊朝日

    5/11

  • 空き家を介護施設や保育園に? 不足する施設に荻原博子さんが大胆提案

     熊本県を震源とする地震による住宅への被害は熊本・大分で1万棟を超した。耐震化の遅れた古い家屋の多さが倒壊数を増やしたとみられている。国交省は仮設住宅建設の検討を進めるが、東日本大震災では仮設住宅から

    週刊朝日

    5/6

  • 「耐震上問題ない」マンションも地震で“真っ二つ” 専門家が原因探る

     建築基準法の耐震基準が強化された1981年以降の建物は、震度7の地震にも耐えられるとされている。だが、熊本市ではマンションの渡り廊下が崩落し、益城町では真新しい戸建ても倒壊した。一体なぜか。地震工学

    AERA

    5/4

  • 建物の地震被害 要因のひとつは「弱点の南側の壁に横揺れ」か 熊本大地震

     今回の九州・熊本大地震で、被害を受けた建築物から見えてくることがあるという。古賀一八・福岡大学工学部建築学科教授は地震の揺れの方向などに注目し、次のように話す。* * * 九州・熊本大地震では、東西

    AERA

    5/3

  • 津田大介

    津田大介

    津田大介 熊本地震報道で見えた「紙メディアの力」を解説

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる、ジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。熊本県で起きた地震の報道から紙メディアの力を見ることができたという。*  *  * こ

    週刊朝日

    5/2

この話題を考える

  • 「大地震起こらない」が常識だった九州でなぜ起こった? 九州・熊本大地震

     4月14日に発生した九州・熊本大地震は、さまざまな意味で「想定外」の地震だった。九州に住む人にとっては大地震の発生そのものが衝撃的だったが、一方で専門家からは「決して不思議はない」との声も上がってい

    AERA

    4/29

  • 一部損壊でも入れます? 断続揺れで殺到する地震保険

     先の見えない余震が続く被災地周辺で、新たに地震保険に加入することは可能なのか。 大手損害保険会社には、熊本地震で被災した契約者から、保険金請求の相談が殺到。一方、これから新規加入したいという人からの

    週刊朝日

    4/29

  • 北原みのり

    北原みのり

    北原みのり「『女性ならではの悩み』の裏側」

     作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏は、熊本地震で避難生活を送る女性たちが安心して過ごせるよう、行政に配慮してほしいという。*  *  * ある日突然、震災によって

    週刊朝日

    4/28

  • 災害に強い再生エネルギーの宝庫である九州に原発は必要なのか?

     震度7の地震が2度起こり、余震も過去最多のペースで発生している熊本地震。あらためて思い起こされたのが、2011年3月の福島第一原発事故の悪夢だ。 現在、日本で唯一稼働中の川内原発(鹿児島県)は、地震

    週刊朝日

    4/28

  • 熊本地震の発生状況 28日10時まで

    熊本県から大分県にかけて活発な地震活動が続いています。揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっていますので、今後の地震活動に十分注意してください。上のグラフは、きょ

    tenki.jp

    4/28

  • 共産党の救援募金“詐欺”疑惑? 渦中の党地方幹部が告白

     熊本地震の被災地支援を名目にした「募金詐欺」だとツイッターで炎上したのが、共産党の衆院東京3区候補予定者の香西かつ介氏(党品川地区委員長)。 ことの発端は4月16日、同党の品川区内で開かれた演説会で

    週刊朝日

    4/28

1 2 3

カテゴリから探す