「朝日新聞出版の本」に関する記事一覧

チャンス大城 ブラジャーのホックを作っていたおとんとサイトウと神父さんへの懺悔

チャンス大城 ブラジャーのホックを作っていたおとんとサイトウと神父さんへの懺悔

 芸歴32年、いま、お茶の間の記憶に残る男として、TV出演急増中の芸人・チャンス大城(本名:大城文章)さん。そんなチャンス大城さんが自らの半生を赤裸々に語り下ろした『僕の心臓は右にある』について、芸人

dot.

2時間前

  • ジュニアが走って逃げるほど酒癖が悪かったチャンス大城が、キッパリと酒とたばこを止められた秘策とは

     チャンス大城、初の著書『僕の心臓は右にある』の帯には、「即映画化。」(千原ジュニア)、「地下芸人の壮絶な半生、ここにあり。」(千原せいじ)という文字が記されている。芸人だけでなく、各界から絶賛の声が

    dot.

    8/15

  • チャンス大城が明かす 断れない男・インタレスティングたけしがラッセンよりゴッホが好きな理由

     お笑い芸人・チャンス大城の壮絶な半生記をまとめた『僕の心臓は右にある』の発売即重版が決まった。7月31日(日)には芳林堂書店高田馬場で発売記念トーク&サイン会を開催。タケトやインタレスティングたけし

    dot.

    8/13

  • 北島三郎門下、演歌界の大物・大江裕の裏の顔?「水ダウ」神回の裏側をチャンス大城が明かす

     今、チャンス大城が熱い!らしい。初の半生記『僕の心臓は右にある』を読んだお笑い芸人のみなみかわが自身のTwitterで<もうめちゃくちゃおもろいです、ほんまに映画化してください>と投稿。さらにナイツ

    dot.

    8/12

  • 秀島史香

    秀島史香

    「仕事ができる人」の具体的すぎる具体例に、これはもう真似するしかない!

     なぜラジオは3時間の生放送でも聞き続けられるのか? ラジオDJとして25年、第一線で活躍し続ける秀島史香さんですが、実は「もともと緊張しがちで人見知りで心配性」といいます。そんな秀島さんだからこそ見

    dot.

    8/11

  • “心臓が右にある”チャンス大城が起こした37億分1の奇跡がいい話なのに笑える

     芸歴32年、いま、お茶の間の記憶に残る男として、TV出演急増中の芸人・チャンス大城(本名:大城文章)さん。そんなチャンス大城さんが自らの半生を赤裸々に語り下ろした『僕の心臓は右にある』には、芸人さん

    dot.

    8/10

  • 赤穂事件の不審な点だらけ…討ち入りは幕府によってあらかじめ仕組まれていた?

    主君の仇を討つために家臣たちが討ち入りをした事件として知られている、赤穂浪士の吉良邸討ち入り。人形浄瑠璃や芝居などの題材にもされた有名な事件だが、実はこの事件は単なる仇討ちではなかった、という説がある

    dot.

    8/7

この人と一緒に考える

  • 明治初期に横行した藩の「偽金づくり」 新政府にバレた大聖寺藩と福岡藩の命運はどうして分かれたのか?

    明治維新による新政府樹立後、多くの藩は財政難にあえいでいた。戊辰戦争により出費がかさんだうえに、新政府により藩歳入の使い道まで定められたためである。苦境に立たされ廃藩を申し出るところも多かったが、金策

    dot.

    8/6

  • 秀島史香

    秀島史香

    糸井重里が嫌いな「FMしゃべり」とは? 勘違いしたラジオDJの末路

     なぜラジオは3時間の生放送でも聞き続けられるのか? ラジオDJとして25年、第一線で活躍し続ける秀島史香さんですが、実は「もともと緊張しがちで人見知りで心配性」といいます。そんな秀島さんだからこそ見

    dot.

    8/4

  • チャンス大城が圧倒された、明石家さんまの鋭い反射神経と人間的な優しさ

     芸歴32年、いま、お茶の間の記憶に残る男として、TV出演急増中の芸人・チャンス大城(本名:大城文章)さん。そんなチャンス大城さんが自らの半生を赤裸々に語り下ろした『僕の心臓は右にある』から、明石家さ

    dot.

    8/3

  • 内田也哉子さんが「人生46年目にして私の前に現れたのは、紛れもない奇跡だ」と絶賛する書籍とは

    「ひとりでね、うまい具合にスルスルと生きてきたところがあるわけです」。詩人の谷川俊太郎さんの壮年期の対談集『人生相談 谷川俊太郎対談集』(朝日文庫)が話題です。自我、家族、性、老い、そして日本語につい

    dot.

    7/30

  • 秀島史香

    秀島史香

    “嬉しい”が届く「気持ちの実況中継」すぐにできるシンプルなコツを2つお教えします!

     なぜラジオは3時間の生放送でも聞き続けられるのか? ラジオDJとして25年、第一線で活躍し続ける秀島史香さんですが、実は「もともと緊張しがちで人見知りで心配性」といいます。そんな秀島さんだからこそ見

    dot.

    7/28

  • 芸人・チャンス大城の恋 夜中の3時にハイライトを買いにくる当時無名だった「美しいひと」

     芸歴32年、いま、お茶の間の記憶に残る男として、TV出演急増中の芸人・チャンス大城(本名:大城文章)さん。そんなチャンス大城さんが自らの半生を赤裸々に語り下ろした『僕の心臓は右にある』から、上京した

    dot.

    7/27

この話題を考える

  • もし安倍政権で谷垣氏が幹事長を続けていたら…「“モリカケ桜”は別の経過をたどったはず」

     史上最長政権を築いた「安倍政権」とは何だったのか。安倍元首相の急逝を機に、その足跡に再び注目が集まっている。『自民党の魔力』(朝日新書)を著した朝日新聞記者の蔵前勝久氏は、安倍政権の運営には、201

    dot.

    7/24

  • 高市早苗氏&茂木敏充氏が初めて朝日新聞に載った日 28歳短大教員と経済評論家時代には“意外”な主張も?

    選挙期間中に安倍晋三元首相が銃殺されるという災禍に見舞われながらも、参院選は自民党が圧勝した。選挙の強さが際立つ同党で政権運営の中核を担っているのは、四役と呼ばれる幹部たちだ。実は四役のうち、高市早苗

    dot.

    7/22

  • 世界人口の2人に1人がアフリカ人に!『経済大陸アフリカ』の著者が説く、日本企業がアフリカで勝てない理由

    「アフリカの人口増加率は1950年代から約70年間、ずっと2%を下回っていません。エイズなどいろんな危機があったにも関わらず、です。これは20世紀の初頭に始まった人口学の常識、方程式からするとあり得な

    dot.

    7/22

  • 「山に埋められたことがある」チャンス大城が明かす驚愕の実話! 悲惨なのになぜか笑える顛末とは

     芸歴32年、いま、お茶の間の記憶に残る男として、TV出演急増中の芸人・チャンス大城(本名:大城文章)さん。そんなチャンス大城さんが自らの半生を赤裸々に語り下した『僕の心臓は右にある』から、バラエティ

    dot.

    7/22

  • 安倍、菅政権とは違う? 岸田首相が「国民政党」という言葉を好んで使う理由

    国内外に衝撃を与えた安倍晋三元首相の銃撃事件の余波はいまだ収まらない。そんな中、憲法改正をはじめ、安倍氏の“悲願”だった政策を岸田政権がどの程度引き継ぐのかも注目される。同じ自

    dot.

    7/21

  • 秀島史香

    秀島史香

    会話で大切なのは「相手は、今、どんな状況?」 お疲れ気味なら低い声で

     なぜラジオは3時間の生放送でも聞き続けられるのか? ラジオDJとして25年、第一線で活躍し続ける秀島史香さんですが、実は「もともと緊張しがちで人見知りで心配性」といいます。そんな秀島さんだからこそ見

    dot.

    7/21

1 2 3 4 5

カテゴリから探す