「心の病気」に関する記事一覧

「心が弱いから精神疾患になった」は誤り 10代、20代が「心の病気」になる原因とは?

「心が弱いから精神疾患になった」は誤り 10代、20代が「心の病気」になる原因とは?

 うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患は、何が原因で発症するのでしょうか? 海外の研究では精神疾患を持つ人の半数は10代半ばまでに発症しており、全体の約75%が20代半ばまでに発症しています。精

dot.

1/27

  • 「心の病気」の兆候にできるだけ早く気づくには? 早期症状チェックリスト【精神科医監修】

     うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患は、早期発見をして適切な治療を受ければ十分回復が期待できる病気です。しかし、体の病気と違い、心の病気はその兆候に気づきにくいようです。精神科医で東京都立松沢

    dot.

    1/26

  • 中高生の自殺の約1割に「心の病気」が関係 10代、20代で発症しやすい病気とは?

     うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患は若い世代に発症しやすいということをごぞんじでしょうか。正確なデータはありませんが、ストレスの多さや生きづらさから、子どもの「心の病気」が増えていることも一

    dot.

    1/24

  • 「心の病気」はなぜ早期発見・早期治療が難しいのか? 精神科医が考える2つの理由

     うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患は、早期発見をして適切な治療を受ければ十分回復が期待できる病気です。しかし、現状ではさまざまな理由で医療機関の受診が遅れてしまっています。精神科医で東京都立

    dot.

    1/23

  • 尾木ママ「中学校の授業で精神疾患を教えるべき」 精神科医と考える「子どもと心の病気」の関係

     2022年4月から高校の授業で「精神疾患」が教えられることになった。精神科医の水野雅文医師(東京都立松沢病院院長)は、生徒だけでなく、その保護者や教師にも理解を深めてもらいたいと、書籍『心の病気にか

    dot.

    1/19

  • 精神科にかかる人は15年前の約1・6倍に増加 精神科医が語る「心の病気」が身近になった実態

     日本では年々、精神科の受診者が増えており、国際的な疫学調査などさまざまな研究結果から、「4人に1人は一生の間に何らかの精神疾患にかかる」ということがわかっています。精神科医で東京都立松沢病院院長の水

    dot.

    1/5

  • 2022年度から高校で「精神疾患」の授業が開始 若い世代が「心の病気」を学ぶ意味とは

     2022年度から高校の学習指導要領が改訂され、保健体育の授業で「精神疾患の予防と回復」を教えることになります。うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患は若い世代に発症しやすいにもかかわらず、正しい

    dot.

    1/4

この人と一緒に考える

  • 思春期の子の「心の病気」に親は気づけるか? 

     うつ病などの精神疾患の患者数は増加傾向にあり、社会問題になっている。職場のストレスなどによる大人の病気と思われがちだが、患者の約75%が20代半ばまでに発症しており、思春期に多いことはほと

    dot.

    5/27

この話題を考える

1

カテゴリから探す