「心の病気」に関する記事一覧

休職のタイミングはいつ? 職場原因の「心の病気」 産業医「朝起きられずそのまま休職するケースも」
休職のタイミングはいつ? 職場原因の「心の病気」 産業医「朝起きられずそのまま休職するケースも」

「眠れない」「気力が出ない」など、心の不調を感じつつ、「解雇されるのが不安」などの理由で、悩みを誰にも相談できない人はけっこういるのではないでしょうか。メンタルへルスの不調を感じた場合、職場ではどこに相談すればいいのか、休職が必要なケースやタイミングを知ってもらうため、週刊朝日ムック「手術数でわかる いい病院」編集チームが取材する連載企画「名医に聞く 病気の予防と治し方」からお届けします。「職場のメンタルヘルス」全3回の1回目です。

dot.
うつ病はいつの間にか「以前と違う状態に」 2週間以上続く症状に注意【チェックシート】
うつ病はいつの間にか「以前と違う状態に」 2週間以上続く症状に注意【チェックシート】
うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患を持つ人の半数は10代半ばまでに発症しており、全体の約75%が20代半ばまでに発症しています。精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師が執筆した書籍『心の病気にかかる子どもたち』(朝日新聞出版)から、「うつ病」について、チェックシートとともに一部抜粋してお届けします。
うつ病子どもの心の病気心の病気病気病院
dot. 5/9
「社交不安症」人とかかわる場面で発汗や震え、吐き気も 人前で発言できずからかわれたきっかけで発症も
「社交不安症」人とかかわる場面で発汗や震え、吐き気も 人前で発言できずからかわれたきっかけで発症も
うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患を持つ人の半数は10代半ばまでに発症しており、全体の約75%が20代半ばまでに発症しています。「社交不安症」「全般不安症」「パニック症」は、不安症に含まれます。精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師が執筆した書籍『心の病気にかかる子どもたち』(朝日新聞出版)から、不安症について一部抜粋してお届けします。
うつ病子どもの心の病気心の病気病気病院社交不安症統合失調症
dot. 5/7
精神疾患にかかった人や家族が“焦って”治療をやめてはいけない理由 精神科医が語る治療目標とは?
精神疾患にかかった人や家族が“焦って”治療をやめてはいけない理由 精神科医が語る治療目標とは?
うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患は、適切な治療を受けていても、回復にある程度時間がかかります。再発するケースが多いため、「治癒」という表現をあまり使いません。精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師が執筆した書籍『心の病気にかかる子どもたち』(朝日新聞出版)から一部を抜粋してお届けします。
心の病気
dot. 2/11
中高生が「自分は精神疾患かも」と感じたらどうすれば? 精神科医の答え
中高生が「自分は精神疾患かも」と感じたらどうすれば? 精神科医の答え
うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患を持つ人の半数は10代半ばまでに発症しており、全体の約75%が20代半ばまでに発症しています。実際に自分が精神疾患(心の病気)かもしれないと感じたとき、どう行動すればいいのでしょうか? また、「様子がおかしい」と気づいた友達はどうしたらいいのでしょうか? 精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師が執筆した書籍『心の病気にかかる子どもたち』(朝日新聞出版)から一部抜粋して、Q&A形式でお届けします。
心の病気病気
dot. 2/4
「高校生のわが子が精神疾患になり通学できない、学校をやめるべき?」 親の悩みに精神科医がアドバイス
「高校生のわが子が精神疾患になり通学できない、学校をやめるべき?」 親の悩みに精神科医がアドバイス
うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患を持つ人の半数は10代半ばまでに発症しており、全体の約75%が20代半ばまでに発症しています。実際にわが子が精神疾患(心の病気)になってしまったとき、親はどう行動すればいいのでしょうか? 学校はやめるべきでしょうか? 精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師が執筆した書籍『心の病気にかかる子どもたち』(朝日新聞出版)から一部抜粋して、Q&A形式でお届けします。<<前編から続く→思春期の子が「心の病気」かもしれないとき親はどうすればいい? 精神科医の答えは>>
心の病気病気
dot. 2/3
思春期の子が「心の病気」かもしれないとき親はどうすればいい? 精神科医の答えは
思春期の子が「心の病気」かもしれないとき親はどうすればいい? 精神科医の答えは
うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患を持つ人の半数は10代半ばまでに発症しており、全体の約75%が20代半ばまでに発症しています。思春期の子どもが精神疾患(心の病気)かもしれないとき、親はどう行動すればいいのでしょうか? 学校は休ませるべきでしょうか? 精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師が執筆した書籍『心の病気にかかる子どもたち』(朝日新聞出版)から一部抜粋して、Q&A形式でお届けします。<<後編に続く→「高校生のわが子が精神疾患になり通学できない、学校をやめるべき?」 親の悩みに精神科医がアドバイス>>
心の病気病気
dot. 2/3
「心が弱いから精神疾患になった」は誤り 10代、20代が「心の病気」になる原因とは?
「心が弱いから精神疾患になった」は誤り 10代、20代が「心の病気」になる原因とは?
うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患は、何が原因で発症するのでしょうか? 海外の研究では精神疾患を持つ人の半数は10代半ばまでに発症しており、全体の約75%が20代半ばまでに発症しています。精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師が執筆した書籍『心の病気にかかる子どもたち』(朝日新聞出版)から一部を抜粋してお届けします。
心の病気病気
dot. 1/27
「心の病気」の兆候にできるだけ早く気づくには? 早期症状チェックリスト【精神科医監修】
「心の病気」の兆候にできるだけ早く気づくには? 早期症状チェックリスト【精神科医監修】
うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患は、早期発見をして適切な治療を受ければ十分回復が期待できる病気です。しかし、体の病気と違い、心の病気はその兆候に気づきにくいようです。精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師が執筆した書籍『心の病気にかかる子どもたち』(朝日新聞出版)から、精神疾患の早期症状チェックリストなどを一部抜粋してお届けします。
心の病気病気
dot. 1/26
中高生の自殺の約1割に「心の病気」が関係 10代、20代で発症しやすい病気とは?
中高生の自殺の約1割に「心の病気」が関係 10代、20代で発症しやすい病気とは?
うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患は若い世代に発症しやすいということをごぞんじでしょうか。正確なデータはありませんが、ストレスの多さや生きづらさから、子どもの「心の病気」が増えていることも一因と言われ、自殺の要因にもなっています。精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師が執筆した書籍『心の病気にかかる子どもたち』(朝日新聞出版)から一部を抜粋してお届けします。
心の病気病気病院
dot. 1/24
「心の病気」はなぜ早期発見・早期治療が難しいのか? 精神科医が考える2つの理由
「心の病気」はなぜ早期発見・早期治療が難しいのか? 精神科医が考える2つの理由
うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患は、早期発見をして適切な治療を受ければ十分回復が期待できる病気です。しかし、現状ではさまざまな理由で医療機関の受診が遅れてしまっています。精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師が執筆した書籍『心の病気にかかる子どもたち』(朝日新聞出版)から一部を抜粋してお届けします。
心の病気病気病院
dot. 1/23
尾木ママ「中学校の授業で精神疾患を教えるべき」 精神科医と考える「子どもと心の病気」の関係
杉村健 杉村健
尾木ママ「中学校の授業で精神疾患を教えるべき」 精神科医と考える「子どもと心の病気」の関係
2022年4月から高校の授業で「精神疾患」が教えられることになった。精神科医の水野雅文医師(東京都立松沢病院院長)は、生徒だけでなく、その保護者や教師にも理解を深めてもらいたいと、書籍『心の病気にかかる子どもたち』(朝日新聞出版)を今月出版した。教育評論家の尾木直樹氏は、かつて水野医師に助言したという縁があり、書籍出版を機に対談。コロナで問題視される子どもの「心の病気」について語り合った。
尾木ママ心の病気病気病院
dot. 1/19
精神科にかかる人は15年前の約1・6倍に増加 精神科医が語る「心の病気」が身近になった実態
精神科にかかる人は15年前の約1・6倍に増加 精神科医が語る「心の病気」が身近になった実態
日本では年々、精神科の受診者が増えており、国際的な疫学調査などさまざまな研究結果から、「4人に1人は一生の間に何らかの精神疾患にかかる」ということがわかっています。精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師が執筆した書籍『心の病気にかかる子どもたち』(朝日新聞出版)が1月20日に発売となります。2022年度から高校の学習指導要領が改訂され、保健体育の授業で「精神疾患の予防と回復」を教えることになることから、生徒だけでなく保護者や教員にも正しい知識を得てもらうための一冊です。書籍からその一部を抜粋してお届けします。
心の病気病気
dot. 1/5
この話題を考える
あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
2022年度から高校で「精神疾患」の授業が開始 若い世代が「心の病気」を学ぶ意味とは
2022年度から高校で「精神疾患」の授業が開始 若い世代が「心の病気」を学ぶ意味とは
2022年度から高校の学習指導要領が改訂され、保健体育の授業で「精神疾患の予防と回復」を教えることになります。うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患は若い世代に発症しやすいにもかかわらず、正しい知識を学ぶ機会がなかったことが背景にあります。学習指導要領改訂に携わった精神科医で東京都立松沢病院院長の水野雅文医師は、「授業で学ぶ生徒だけでなく、保護者や教員にも正しい知識を持ってもらいたい」と、書籍を執筆。『心の病気にかかる子どもたち』(朝日新聞出版)が1月20日に発売となります。書籍からその一部を抜粋してお届けします。
心の病気病気
dot. 1/4
思春期の子の「心の病気」に親は気づけるか? 
思春期の子の「心の病気」に親は気づけるか? 
 うつ病などの精神疾患の患者数は増加傾向にあり、社会問題になっている。職場のストレスなどによる大人の病気と思われがちだが、患者の約75%が20代半ばまでに発症しており、思春期に多いことはほとんど知られていない。こうした背景から学習指導要領が改訂され、2022年度から高校の保健体育の授業で「精神疾患の予防と回復」について教えることになった。生徒や教員の精神疾患への理解が進むことで、適切な対処や早期発見・早期治療への期待ができる。では、保護者の理解は進むのだろうか。
心の病気思春期病気病院精神疾患
dot. 5/27
1
カテゴリから探す
ニュース
雅子さまは「フリル」調で華やかな存在感 愛子さまは清楚な美しさ 明治神宮参拝で「競演」した白いロングドレスの輝き
雅子さまは「フリル」調で華やかな存在感 愛子さまは清楚な美しさ 明治神宮参拝で「競演」した白いロングドレスの輝き
愛子さま
dot. 1時間前
教育
食べ物や料理が好きな子におすすめの1冊 シリーズ読書のきっかけになる、かわいいおばけの話【絵本の次に読みたい童話】
食べ物や料理が好きな子におすすめの1冊 シリーズ読書のきっかけになる、かわいいおばけの話【絵本の次に読みたい童話】
おすすめ本
AERA with Kids+ 1時間前
エンタメ
盗掘の被害にあいやすい古墳もあった!? 「竪穴式」と「横穴式」内部構造の意外な秘密
盗掘の被害にあいやすい古墳もあった!? 「竪穴式」と「横穴式」内部構造の意外な秘密
歴史
AERA 1時間前
スポーツ
〈ドッキリGPきょう〉お金大好きなクロちゃんが語る「大谷翔平」の年俸制 「10年1000億」の契約は絶対にモチベーションが下がる!
〈ドッキリGPきょう〉お金大好きなクロちゃんが語る「大谷翔平」の年俸制 「10年1000億」の契約は絶対にモチベーションが下がる!
クロちゃん
dot. 14時間前
ヘルス
【膵がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立がん研究センター中央病院
【膵がん手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立がん研究センター中央病院
いい病院
dot. 1時間前
ビジネス
「コロナ禍をチャンスに変えて」三陽商会を黒字化に導いた戦略 株式会社三陽商会・大江伸治代表取締役社長
「コロナ禍をチャンスに変えて」三陽商会を黒字化に導いた戦略 株式会社三陽商会・大江伸治代表取締役社長
ニッポンの社長
dot. 4/12