「がん」に関する記事一覧

  • 腫瘍とがんの違いは? 良性なら治療しなくていい?【今さら聞けないがんの疑問に答えます】

     今や小・中学校などのカリキュラムに「がん教育」が定められるほど、がんは身近な病気です。「生涯のうち、2人に1人ががんになる」とされ、そう遠くない日に自分や近しい人にがんが見つかることもあり得ます。そ

    dot.

    10/16

  • 原発不明がんでも治療できる? 希少がんとは?【今さら聞けないがんの疑問に答えます】

     今や小・中学校などのカリキュラムに「がん教育」が定められるほど、がんは身近な病気です。「生涯のうち、2人に1人ががんになる」とされ、そう遠くない日に自分や近しい人にがんが見つかることもあり得ます。そ

    dot.

    10/16

  • 医師は増えても外科医だけは0・98倍と減少「余裕がない状態」 働き方改革への外科医たちの期待と不安

     高齢化による患者数の増加もあり各地で外科医不足が問題となる中、医師の働き方改革が進められている。今年、日本胸部外科学会が発表した内容によれば、外科手術の件数は増加傾向にある一方で、外科医の数は増えて

    dot.

    10/7

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    早期の肺がんが見つかったケースも! 皮膚の症状から疑われる三つの内臓の病気【医師が解説】

    皮膚に症状が出ているからといって皮膚の病気だとは限りません。内臓の病気が原因で皮膚に症状が出ていることがあります。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、皮膚に症状がありながら、内臓の病気

    dot.

    9/16

  • 舌の側面のできものは「舌がん」の可能性 口内炎と違ってふくらみがあれば注意

    口腔がんの中で最も発症頻度が高い舌がん。ステージIの早期であれば5年生存率は90%以上で、手術後も舌の機能を温存できる。また、大きさなどの条件によっては放射線治療が選択できる場合もある。*  *  *

    dot.

    8/20

  • がん放置療法の近藤誠医師死去 かつて語った「一人の意見は『抗がん剤をやめさせる』根拠にはなる」

    『患者よ、がんと闘うな』などの著者として知られる近藤誠医師(73歳)が亡くなった。近藤医師の著書『医者に殺されない47の心得』(2012年刊)がベストセラーとなっていた2013年に、『週刊朝日』ではそ

    dot.

    8/15

この人と一緒に考える

  • 放置すると危険な「口の中のできもの」は? がん化率が高いのは粘膜が白色、鮮紅色に変化

    多くの人が経験したことがある口の中のできもの。特に治療などをしなくても自然に治るタイプの口内炎であることが圧倒的に多いが、将来がんになる可能性があるできものもあり、その場合、放置すると危険だ。専門医に

    dot.

    7/31

  • 小林麻央さん命日に考える 出産前後の乳がんは見つけにくい? 専門医に聞いた答えは

    小林麻央さんが乳がんで亡くなって5年。日本では年間約9万人が乳がんと診断され、女性の9人に1人が罹患していることになります。そのなかには、妊娠中や産後の授乳期に乳がんを発症している人もいます。出産前後

    dot.

    6/22

  • 笑点最古参の林家木久扇「最後の弟子の真打ちまで死ねませんよ!」 二度のがん、骨折でも高座へ

     人気長寿番組「笑点」で、元気すぎるキャラとして全国のお茶の間で長年愛され続けている林家木久扇さん。二度のがんを克服、84歳の今もなお9人の弟子を率いる師匠にお話を伺いました。*  &nbs

    dot.

    5/31

  • 【セカンドオピニオン】医師と気まずくならない伝え方 「遠慮することはない」がん診療連携拠点病院の元院長

     週刊朝日MOOK「手術数でわかる いい病院」の創刊20年を記念して4月24日に開催したオンラインセミナーでは、著名な4人の医師が登壇。第3部では、「大きな病気にかかったら…&helli

    dot.

    5/30

  • 【名医対談 上皇さま執刀医×肺がん手術数20年第1位】 トップ病院の取り組みと最新治療

     大切な人や自分が大きな病にかかったとき、限られた時間で膨大な情報の中から、適切な治療法やいい病院を見つけ出すのは大変なことです。だからこそ、もしもに備えて知っておきたいことがたくさんあります。週刊朝

    dot.

    5/22

  • トップ病院の名医が語る「いい医師」「いい病院」の見つけ方 手術数と治療成績は相関する

     大切な人や自分が大きな病にかかったとき、限られた時間で膨大な情報の中から、適切な治療法やいい病院を見つけ出すのは大変なことです。だからこそ、もしもに備えて知っておきたいことがたくさんあります。週刊朝

    dot.

    5/22

この話題を考える

  • 最近注目の「がんゲノム医療」 100を超える遺伝子を解析し自分に効く薬が見つかる時代

     がんの3大療法の一つである薬物療法は、さまざまな新薬が登場し近年急速に進歩している。なかでも最近注目されているのが「がんゲノム医療」だ。好評発売中の週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』か

    dot.

    5/15

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    コロナ禍のがん治療 近畿大・大塚医師「ひとりで逝かせてしまった」という後悔

    新型コロナウイルスの流行が始まって2年以上が経ちました。その間も、がんになった患者への治療は行われており、いまも入院患者の面会制限は続いています。コロナ禍のがん治療について、近畿大学医学部皮膚科学教室

    dot.

    5/13

  • 「がん薬物療法」後悔しないために知っておきたいの3つの目的 根治以外は?

    がんの3大療法の一つである薬物療法は、さまざまな新薬が登場し近年急速に進歩している。しかし、がんを切り取って根治を目指す手術と違って、がん薬物療法の目的は複数ある。その目的を理解しないで治療を受けると

    dot.

    5/11

  • 子宮頸がんを切らずに治す放射線治療 治療患者数が多い全国トップ15病院

     がんの3大療法の一つである放射線治療は、その機器や技術の進歩によってさまざまながんに対象が広がっている。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、

    dot.

    5/10

  • 乳がんの再発を予防する放射線治療 治療患者数が多い全国トップ15病院

    がんの3大療法の一つである放射線治療は、その機器や技術の進歩によって治療成績が向上している。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回

    dot.

    5/8

  • 肺がんを切らずに治す放射線治療 治療患者数が多い全国トップ15病院

    がんの3大療法の一つである放射線治療は、その機器や技術の進歩によって高精度照射が可能になっている。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2022』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から

    dot.

    5/4

1 2 3 4 5

カテゴリから探す