「がん」に関する記事一覧

  • 子宮頸がんは放射線治療で治せる? 進行期によっては手術と同等の効果

     子宮頸がんは、女性特有の臓器である子宮の頸部(入り口の部分)にできるがんで、20、30代の若い世代から罹患のリスクがある。他の婦人科がんに比べて、放射線治療の効果が期待できるのが特徴だ。外

    dot.

    5/12

  • 甲状腺がん手術数ランキング全国1位になった病院 その理由とは?

     甲状腺がんの多くはゆっくり進む「治りやすい」がんだが、一方で、急速に進行するタイプでは命に関わる場合もある。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』では、全国の病院に対して独自に調査をおこな

    dot.

    5/12

  • 「子宮頸がん」で手術が必要なケースとは? がんになる前の段階「異形成」からおこなう円錐切除術

     20、30代の若い世代から罹患のリスクがある子宮頸がん。子宮頸がんは、女性特有の臓器である子宮の頸部(入り口の部分)にできるがんだ。進行したCIN(がんの前段階)からIIB期までが手術の適応となり、

    dot.

    5/9

  • 抗がん剤は「悪」? 本当にやっていいの? がん専門医の答えは

     副作用がつらく、治療が苦しいというイメージの強い薬物療法ですが、現在は治療の選択肢が広がっています。『手術数でわかる いい病院2021』(朝日新聞出版)で、「抗がん剤は悪と言われているけど、本当にや

    dot.

    5/8

  • がんの治療費、後遺症、再発の心配 悩んだときは誰に相談すればいい?

     治療以外にも生活面でさまざまな問題を抱えることになる「がん」。その支えの一つとなるのが、患者の体験談だ。ネットの怪しい医療情報に惑わされない方法を医師に聞いた中編に続き、ネット上の体験談との向き合い

    dot.

    5/7

  • 楽天・三木谷浩史「父のがん治療には間に合わなかったが」 光免疫療法に懸ける思い

     がん細胞に光を当てることで薬剤が反応し、がんを破壊する「光免疫療法」。その実現のために個人出資をし、2020年、日本で薬事承認・保険収載されるまでをリードしたのが三木谷浩史氏だ。開発者・小林久隆医師

    dot.

    5/6

この人と一緒に考える

  • がんに光を当てて破壊する「光免疫療法」治療開始 開発医師が語る苦闘の34年間

     がん細胞に光を当てることで薬剤が反応し、がんを破壊する――2020年に日本で薬事承認・保険収載された「光免疫療法」。すでに一部のがんに対し国内で治療が始まっている。開発したのは、アメリカで研究を続け

    dot.

    5/6

  • ネットの「怪しい医療情報」に騙されない! チェックするべき3つのポイント

    「100%完治」「副作用がない」……病気について検索すると、こうしたフレーズを見ることも少なくない。しかしこれらは本当なのだろうか? ネットにあふれる医療情報の現状をまとめ

    dot.

    5/6

  • 病気になったら「ネットで検索」は正しい? 医師が注意する「落とし穴」

    「検索疲れ」を起こしやすい現代。医療においても、患者は情報を求めて検索をする。患者の家族が不安から検索し、その情報の多さに参ってしまうことも。インターネットで病気についての正しい情報は得られるのだろう

    dot.

    5/5

  • 前立腺がん治療数全国トップ病院 新型コロナでも治療数が減らなかった理由とは?

     がんと診断される人が日本人男性で最も多い前立腺がん。ゆっくり進むケースが多いものの、新型コロナウイルス感染症の流行拡大によって治療が遅れてしまうと、命に関わるおそれがある。このような状況下に、治療数

    dot.

    5/4

  • 前立腺がん治療数全国トップに躍進した病院 要因は「最先端の治療を選択できる」

     日本人男性で、1年間にがんと診断される人が最も多いのは前立腺がんである。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手

    dot.

    5/3

  • 大村崑89歳 元気ハツラツじゃない過去”19歳で結核、58歳で大腸がん”つらい時こそ「腹から笑え」

     オロナミンCのCM出演で知られる喜劇役者の大村崑さん。58歳で大腸がんを経験してから健康への意識が変わったと話す。3年前からは筋トレもはじめ、ますます「元気ハツラツ」に。現在発売中の『手術数でわかる

    dot.

    5/3

この人と一緒に考える

  • 林家木久扇 毎朝がんに「出てってくれ」と叱っていた闘病期 「笑点」の座布団の上に戻りたかった

     昨年、落語家人生60年を迎えた、「笑点」でもおなじみの林家木久扇さん。2014年に喉頭がんを患い、約2カ月間仕事を休んだことを覚えているだろうか。がん闘病について長男で弟子でもある林家木久蔵さんと対

    dot.

    5/1

  • 20、30代から罹患リスクある「子宮頸がん」 性行為前のワクチン接種を

     20、30代の若い世代から罹患のリスクがある子宮頸がん。性行為によるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因となる。がんの初期には自覚症状が表れない。そのため、早期発見には検診が重要になる。* 

    週刊朝日

    4/27

  • 「もっと点滴を」枯れるような死を前に家族は葛藤 専門医は「ベッドで“溺死”」のリスクに警鐘

     新型コロナウイルスの流行で病床がひっ迫する中、家での看取りを選択するがん患者らの家族が増えている。だが、家に帰ったはいいが、どうすれば患者が安らかに旅立てるのかの予備知識がなく、末期の患者を苦しめか

    dot.

    4/25

  • 「胃が縮み痩せる」今は昔 負担が少なくなった食道がん手術を専門医が解説

     年間約2万5千人が罹患する食道がん。I期の治療では、化学放射線療法か外科手術のいずれかを選べる。II期・III期では術前化学療法後に外科手術をするのが標準だ。近年は胸腔鏡手術が主流となり、

    dot.

    4/20

  • 飲酒習慣に食道がんの発症リスク 医師「患者の8割は赤くなるタイプ」

     食道がんの発症にはアルコールが深く関与している。最も危険なのは飲むと顔が赤くなる人だ。新型コロナウイルスの影響で自宅での飲酒機会が増えている。飲みすぎの自覚がある人は予防策や早期発見について知ってお

    週刊朝日

    4/5

  • 【子宮・卵巣がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? ロボット手術も選択肢に 専門医が解説

     週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。また、実際の患者を想定し、

    dot.

    3/31

1 2 3 4 5

カテゴリから探す