• 特集
  • ウクライナ侵攻

ウクライナ侵攻

ロシアによるウクライナ侵攻は終わりが見えない。国際的な緊張が高まる中、いったい何が起きているのか――。情勢を分析する。

  • ウクライナ軍が押し戻す可能性「あり得る」と専門家 一方で大規模な民間人虐殺の懸念も

    ウクライナ軍が押し戻す可能性「あり得る」と専門家 一方で大規模な民間人虐殺の懸念も

     ウクライナ東部でロシア軍が攻勢をかけている。なぜか。今後どうなるのか。ロシアや旧ソ連諸国の政治に詳しい慶應義塾大学の大串敦教授に聞いた。AERA 2022年6月20日号の記事を紹介する。*  *  

    AERA

    6/14

  • 地球問題に直結するから「停戦」を ウクライナ侵攻に学者らが声明を発表

    地球問題に直結するから「停戦」を ウクライナ侵攻に学者らが声明を発表

     長期化するロシアによるウクライナ侵攻の即時停戦を求め、日本の学者らが声明を出した。和田春樹・東京大学名誉教授と田中優子・法政大学前総長が思いを語り合った。AERA 2022年6月13日号の記事を紹介

    AERA

    6/8

  • 「モスクワ放送」の日本人アナウンサーが見たロシア国営メディアの内幕 崩壊へのスイッチが入った

    「モスクワ放送」の日本人アナウンサーが見たロシア国営メディアの内幕 崩壊へのスイッチが入った

    「モスクワ放送」を知っているだろうか。 旧ソ連時代の外国向けラジオ放送で、英語やフランス語、ドイツ語などさまざまな言語でソ連の文化や政府の公式発表なども伝えてきた。日本語でも放送され、その後、名称を変

    dot.

    6/8

  • ロシアがアピールする最新兵器は「はったり」? 50年前「骨董品級」戦車も引っ張り出す事情

    ロシアがアピールする最新兵器は「はったり」? 50年前「骨董品級」戦車も引っ張り出す事情

     SF映画のようなレーザー兵器を投入したりミサイル防衛網の突破をもくろむ極超音速ミサイルの発射を行ったりしたかと思えば、半世紀前に製造された戦車をよみがえらせる――ロシア軍の兵器の運用は謎めいている。

    dot.

    6/5

  • 「軍事支援」ウクライナ侵攻の長期化要因の一つに 「実戦で利潤を上げる」軍需産業の陰

    「軍事支援」ウクライナ侵攻の長期化要因の一つに 「実戦で利潤を上げる」軍需産業の陰

     ウクライナ侵攻から3カ月経った今も、停戦への道筋は不透明なままだ。戦いが長期化している要因として、欧米が続ける軍事支援もその一つ。戦争は軍需産業の利益にもつながっている。AERA 2022年6月6日

    AERA

    6/4

  • ウクライナ侵攻は長期化の見通し ロシアは「勝っても負けても没落」と専門家が予測

    ウクライナ侵攻は長期化の見通し ロシアは「勝っても負けても没落」と専門家が予測

     ロシアによるウクライナ侵攻から約3カ月。当初は圧倒的に有利だとされていたロシア軍の苦戦が続いている。今後の戦況の見通し、そして戦争後のロシアの未来はどうなるのか。AERA 2022年5月30日号で専

    AERA

    5/29

  • 「我々はプーチンの死を願っている」オリガルヒ怪死の謎とクーデターの可能性

    「我々はプーチンの死を願っている」オリガルヒ怪死の謎とクーデターの可能性

     ロシア政府を支える富豪である「オリガルヒ」の不審死が相次いでいる。 モスクワで40店舗以上のレストランを経営するウラジーミル・リャキシェフ氏が5月1日に自宅で死亡しているのが発見されたと、地元紙が報

    週刊朝日

    5/27

  • どのシナリオでもロシアは勝てない それでも続く戦争の不合理さ

    どのシナリオでもロシアは勝てない それでも続く戦争の不合理さ

     ロシアによるウクライナ侵攻から3カ月が過ぎた。戦火は収まる気配がなく、核兵器の使用も現実味を帯びる。国際政治学者の藤原帰一さんに、今後の国際情勢について聞いた。AERA 2022年5月30日号の記事

    AERA

    5/26

  • ゼレンスキーが頼りにする「親分肌」のトルコ・エルドアン大統領が、ロシアとの関係を切れない理由

    ゼレンスキーが頼りにする「親分肌」のトルコ・エルドアン大統領が、ロシアとの関係を切れない理由

     フィンランドとスウェーデンは5月18日、北大西洋条約機構(NATO)への加盟を正式に申請した。ところが、その数日前、NATO加盟国であるトルコのエルドアン大統領は「われわれは賛成しない、彼らは厄介ご

    dot.

    5/26

  • ウクライナ侵攻下で存在感をアピールするトルコ大統領 北欧2国のNATO加盟「反対」の三つの事情

    ウクライナ侵攻下で存在感をアピールするトルコ大統領 北欧2国のNATO加盟「反対」の三つの事情

     兄貴分の政治家として、トルコのエルドアン大統領に敬意を込めて接するウクライナのゼレンスキー大統領。一方、トルコはロシアとシリア内戦などで対立しながらもその関係を深めてきた。日本貿易振興機構アジア経済

    dot.

    5/26

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

カテゴリから探す