• 特集
  • 【厳選】書籍ダイジェスト

【厳選】書籍ダイジェスト

AERA dot.編集部が厳選した一般書、ビジネス書、新書、文芸書などの「ダイジェスト版」「関連記事」をご提供します。

  • 【ゲッターズ飯田】6月20日の運勢は?「身の回りを片付けるにはいい日」銀のカメレオン座

    【ゲッターズ飯田】6月20日の運勢は?「身の回りを片付けるにはいい日」銀のカメレオン座

     占いは人生の地図のようなもの。芸能界最強の占い師、ゲッターズ飯田さんの「五星三心占い」が、あなたが自分らしく日々を送るためのお手伝いをします。12タイプ別に、毎週月曜日にその日の運勢、毎月5のつく日

    dot.

    6/20

  • ゆるい、ボロい、スカスカに象徴される「第四の消費」とは何だったのか 三浦展×小林和人×河尻亨一

    ゆるい、ボロい、スカスカに象徴される「第四の消費」とは何だったのか 三浦展×小林和人×河尻亨一

    リノベーションやシェアリングエコノミーなど「所有からシェア」への消費行動の変化を、マーケティング・アナリストの三浦展さんは「第四の消費」と名付けた。6月、三浦さんは近い将来訪れる「第五の消費」を見据え

    dot.

    6/20

  • もし今パワハラ被害にあっているなら「やってはいけないこと」と「直ちにやるべきこと」を自衛隊メンタル教官に聞いた

    もし今パワハラ被害にあっているなら「やってはいけないこと」と「直ちにやるべきこと」を自衛隊メンタル教官に聞いた

     もし今、あなたが職場などでパワーハラスメントの被害にあっているとしたら、もしくは身近に見聞きしているとしたら、どのように被害者の「心」を守っていけば良いのか。『自衛隊メンタル教官が教える イライラ・

    dot.

    6/16

  • 不自然な「間」がリモート会議の質を上げる?“無駄”を大事にするコミュニケーション術

    不自然な「間」がリモート会議の質を上げる?“無駄”を大事にするコミュニケーション術

     なぜラジオは3時間の生放送でも聞き続けられるのか? ラジオDJとして25年、第一線で活躍し続ける秀島史香さんですが、実は「もともと緊張しがちで人見知りで心配性」といいます。そんな秀島さんだからこそ見

    dot.

    6/16

  • 「オカアサン、シンダヨ」難民の一言から始まった言葉の交流 人権なき日本の外国人政策に静かに抗う人々の物語

    「オカアサン、シンダヨ」難民の一言から始まった言葉の交流 人権なき日本の外国人政策に静かに抗う人々の物語

     病死・餓死・自殺が相次ぐ入管の過酷な実態、時給400円の縫製工場、戦前の「特高警察」の流れをくむ暴力、繰り返される実習生への性的虐待、ネット上にあふれる偏見と嘲笑の視線…&hellip

    dot.

    6/15

  • 【ゲッターズ飯田】6月の開運のつぶやき「自分の常識を疑うことも大事」銀の鳳凰座

    【ゲッターズ飯田】6月の開運のつぶやき「自分の常識を疑うことも大事」銀の鳳凰座

     占いは人生の地図のようなもの。芸能界最強の占い師、ゲッターズ飯田さんの「五星三心占い」が、あなたが自分らしく日々を送るためのお手伝いをします。12タイプ別に、毎週月曜日にその日の運勢、毎月5のつく日

    dot.

    6/15

  • 2人の知的障害児の子育てに疲労困憊する33歳女性 息子を施設に預ける後ろめたさに苦しむ相談者に鴻上尚史が語りかけた「一番大切にすべきこと」

    2人の知的障害児の子育てに疲労困憊する33歳女性 息子を施設に預ける後ろめたさに苦しむ相談者に鴻上尚史が語りかけた「一番大切にすべきこと」

     知的障害の子供2人の子育てに疲労困憊し、息子を施設に預けた後ろめたさを吐露する33歳女性。今後どうしたらいいのかと惑う相談者に、鴻上尚史が語りかけた「一番大切なこと」とは?【相談147】知的障害の子

    dot.

    6/14

  • 【ゲッターズ飯田】6月13日の運勢は?「今後の人生を左右する可能性のある人に会える日」金のイルカ座

    【ゲッターズ飯田】6月13日の運勢は?「今後の人生を左右する可能性のある人に会える日」金のイルカ座

     占いは人生の地図のようなもの。芸能界最強の占い師、ゲッターズ飯田さんの「五星三心占い」が、あなたが自分らしく日々を送るためのお手伝いをします。12タイプ別に、毎週月曜日にその日の運勢、毎月5のつく日

    dot.

    6/13

  • 【ナンシー関 没後20年】今も変わらぬ面白さ。ナンシー関の圧倒的存在感を味わう

    【ナンシー関 没後20年】今も変わらぬ面白さ。ナンシー関の圧倒的存在感を味わう

     消しゴム版画家のナンシー関さんが亡くなって、6月12日で20年が経つ。1993年に始まった「週刊朝日」の名物連載「小耳にはさもう」では、お茶の間を賑わすタレントらを素材に、類まれな観察力で小気味よい

    dot.

    6/12

  • 「シーン…」としても大丈夫 会話で“沈黙”が実は大切な理由

    「シーン…」としても大丈夫 会話で“沈黙”が実は大切な理由

     なぜラジオは3時間の生放送でも聞き続けられるのか? ラジオDJとして25年、第一線で活躍し続ける秀島史香さんですが、実は「もともと緊張しがちで人見知りで心配性」といいます。そんな秀島さんだからこそ見

    dot.

    6/9

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

カテゴリから探す