写真家・山岸伸の「終活」 瞬間に見せる男の素顔を1000人撮ることを目指す (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

写真家・山岸伸の「終活」 瞬間に見せる男の素顔を1000人撮ることを目指す

千葉功太郎(DRONE FUND 創業者/代表パートナー、茨城県龍ケ崎市 龍ケ崎飛行場で)撮影:山岸伸

千葉功太郎(DRONE FUND 創業者/代表パートナー、茨城県龍ケ崎市 龍ケ崎飛行場で)撮影:山岸伸

 写真家・山岸伸さんの作品展「瞬間の顔」が5月20日から東京・新宿のオリンパスギャラリー東京で開催される。山岸さんに聞いた。

【山岸伸さんの作品はこちら】

*  *  *
「ぼく、71歳なんですけど」という言葉に軽いショックを受けた。

 山岸さんというと、昔、カメラ雑誌「CAPA」の表紙を撮っていたころのエネルギッシュなイメージが私の頭の中にあり、なんとなく、50代くらいの印象をずっと持ち続けていたのだ。

 しかも、慢性骨髄性白血病という病を背負った身だという。

「生きているのが奇跡と言われるんですよ」。そう、明るく笑い飛ばされると、どうリアクションをしたらいいのか、戸惑ってしまう。

「瞬間の顔」というのは、山岸さんが14年前から始めた男性のポートレートシリーズで、写真展は今回で13回目。これまで撮影してきた人数は915人にもなる。

 写真展会場には遠藤龍之介(フジテレビジョン 代表取締役社長兼COO)、澤和樹(東京藝術大学 学長)、塩崎恭久(衆議院議員)、氷川きよし(歌手)、尹晶煥(ジェフユナイテッド市原・千葉 監督)と、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。その数、100人。
秋山仁(東京理科大学 特任副学長、東京都新宿区 東京理科大学 数学体験館で)撮影:山岸伸

秋山仁(東京理科大学 特任副学長、東京都新宿区 東京理科大学 数学体験館で)撮影:山岸伸

■自分の写真として残したい

 でもなぜ、男性だけなんですか? と、たずねると、「やっぱり、男の人って、いさぎがいいじゃないですか」と言う。

「自分が『いいですよ』と返事をした以上、『あなたが撮りやすいように撮りなさい』、という感じなんです。特に、大物といわれる人はそうですね」

 さらに、「写真チェックの有無は約束していないので、撮ったものをぼくが選んで出させてもらっている」。

 毎回、写真展のたびに図録をつくり、それを開催前に撮影した人に送るので、その際、「自分がどう写っているのかが、わかる」のだが、この流れで女性を撮影するのはほぼ無理だろう(たぶん、クレームの嵐となる)。

 ちなみに、このシリーズで「いちばん最初に撮影を思いついたのは西田敏行さん。ぼくは西田さんを『もしもピアノが弾けたなら』(1981年)の前から撮り続けてきたんです。でも、それはあくまでも仕事だった」。

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい