ジャイアント馬場さん没後20年 愛弟子・秋山準が明かす秘話「馬場チョップ、とんでもなく痛かった」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャイアント馬場さん没後20年 愛弟子・秋山準が明かす秘話「馬場チョップ、とんでもなく痛かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
福井洋平dot.
1960年、小型のビリヤードを興じるジャイアント馬場さん。奥には力道山さんの姿も(c)朝日新聞社

1960年、小型のビリヤードを興じるジャイアント馬場さん。奥には力道山さんの姿も(c)朝日新聞社

「東洋の巨人」と呼ばれたプロレスラーのジャイアント馬場が61歳で急逝してから1月31日で20年。馬場と対戦したり、直接教えを受けたりした現役レスラーも数少なくなった。晩年の馬場に特に目をかけられてきたのが、1992年に馬場の団体、全日本プロレスでデビューした秋山準(49)。いまも現役であり、全日本プロレスの社長としても活躍する秋山に、馬場の思い出を聞いた。

【写真特集】ここでしか見られないジャイアント馬場さんの貴重な写真はこちらから!

■初対面で「信用できる」

 もともと熱心なプロレスファンではなかったという秋山。長州力、馳浩ら有名プロレスラーを輩出した専修大学レスリング部に所属していたが、卒業後は普通のサラリーマンになるつもりだった。そんな彼をプロレスラーの道に引き込んだのが、ジャイアント馬場だったと言う。

「専修大レスリング部で指導をされていた松浪健四郎さん(元衆院議員・現日本体育大学長)に呼ばれて、誰に会うということも聞かされずに赤坂のキャピトル東急ホテル(現ザ・キャピトルホテル東急)に向かったら、そこに馬場さんがいらっしゃったんです」

 当時のキャピトル東急は、馬場が愛用していたホテル。そこで秋山は馬場からプロレスへの「スカウト」を受けた。「プロレスに入ったらこれくらい稼げるぞ」といった条件面の話もあったが、印象に強く残ったのは馬場の「笑顔」だった。

「言葉の中身というよりも馬場さんの笑顔や話し方、優しい雰囲気で、『この人は信用できる』と感じさせてくれました」

馬場さんとの思い出を振り返る秋山準。プロレスの試合における、ロープに投げられたときの動き(ロープワーク)について、馬場はロープをつかまず次の動きに移れと教えていたという(写真/小暮誠)

馬場さんとの思い出を振り返る秋山準。プロレスの試合における、ロープに投げられたときの動き(ロープワーク)について、馬場はロープをつかまず次の動きに移れと教えていたという(写真/小暮誠)

 内定していた企業を蹴り、プロレス界に身を投じることに決めた。馬場はその後、秋山の出身地である大阪に出向き、秋山の両親に「お願いします」と頭を下げることまでした。

■理詰めで技術を教える

 社長業やタレント業で多忙だった馬場。だが巡業の時などは、馬場が直接秋山をはじめとする若手選手のコーチをすることもあった。その説明は「理論的でわかりやすかった」と言う。

「体を大きくする方法から、最初はどう相手と組むか、相手の手をどう取るか。相手の足や手をどうやって取るのか、関節を極(き)める(=技から抜け出せなくさせる)のか、投げるのか、理論的に教わった。デビューに向けてどんどん難易度が上がっていきました。馬場さんから教わったことは、『プロレスはどこからでも関節を極めることができる』ということ。自分もアマレスをやって格闘技の知識はありましたが、馬場さんが教えてくれることに疑問点はなかったですね」

 さらに、こう続ける。

「例えばロープワークの際、最近のレスラーはロープを手でつかんでから跳ね返る。でも私は馬場さんから、ロープをつかまず半身でもたれかかると学んだ。体格差もあるのでそうすると、次の攻撃にスムーズに移れるんです。だから僕は若い選手よりもロープワークが速いんですよ」


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい