子宮筋腫や子宮内膜症と発症頻度変わらない「子宮腺筋症」 クリアカットな境界がなく手術で切除が難しい

ヘルス

2023/01/18 17:00

子宮腺筋症は、病気の認知度は低いが、女性の20~30%にみられるといわれており、子宮筋腫や子宮内膜症と発症頻度は大きく変わらないとされている。子宮腺筋症の治療は、症状を緩和し生活の質(QOL)を維持するためにおこなうもので、いくつかの選択肢がある。年齢や症状、妊娠の希望、ライフスタイルなどに応じて、医師と十分に相談して選択することが大切だ。

あわせて読みたい

  • 【子宮筋腫・内膜症】若い年代に多く、過多月経や月経痛などのつらい症状、不妊の原因になることも

    【子宮筋腫・内膜症】若い年代に多く、過多月経や月経痛などのつらい症状、不妊の原因になることも

    dot.

    1/24

    月経痛を訴え受診した時点で「子宮内膜症」予備軍 医師は「治療できることを知らない女性が多い」

    月経痛を訴え受診した時点で「子宮内膜症」予備軍 医師は「治療できることを知らない女性が多い」

    dot.

    10/9

  • 子宮内膜症の病変が入って起こる「子宮腺筋症」も 近年わかってきた発生タイプを医師が解説

    子宮内膜症の病変が入って起こる「子宮腺筋症」も 近年わかってきた発生タイプを医師が解説

    dot.

    1/11

    子宮筋腫は治療が必要とは限らない 症状をやわらげるための対症療法とは? 医師が解説

    子宮筋腫は治療が必要とは限らない 症状をやわらげるための対症療法とは? 医師が解説

    dot.

    7/19

  • ひどい月経痛には「ピル」が効果的 専門家がすすめるピル活用法

    ひどい月経痛には「ピル」が効果的 専門家がすすめるピル活用法

    週刊朝日

    1/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す