紫式部「女としてのうぬぼれ」が描かせた源氏物語の空蝉

書籍

2022/12/29 17:00

 2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の重要人物であった北条政子や、豊臣秀吉の妻おね、室町期の日野富子など、日本の歴史を動かした魅力的な女性を題材に、数々の傑作歴史小説を描いてきた永井路子さん。古代から幕末まで、日本史上で知られた女性33人の激動の生涯と知られざる素顔とは? 朝日文庫『歴史をさわがせた女たち 日本篇』から一部を抜粋・再編集して公開します。

 紫式部が日本のスーパーレディーであることは言うをまたない。その著「源氏物語」は、日本文学の代表作だが、そればかりではない。世界じゅうどこをさがしても、あのころあれだけの作品をのこした女性はいない。

あわせて読みたい

  • 永遠のライバル「清少納言」にあって「紫式部」になかったものは何だったのか

    永遠のライバル「清少納言」にあって「紫式部」になかったものは何だったのか

    dot.

    12/26

    紫式部が「嘘っぱち!」と酷評した『枕草子』、清少納言はなぜキラキラした生活だけを描いたか

    紫式部が「嘘っぱち!」と酷評した『枕草子』、清少納言はなぜキラキラした生活だけを描いたか

    dot.

    9/23

  • 砂子のなかより青き草

    砂子のなかより青き草

    週刊朝日

    7/17

    清少納言は28歳バツイチの自慢大好きブロガー!? 『枕草子』に秘められた“たくらみ”とは

    清少納言は28歳バツイチの自慢大好きブロガー!? 『枕草子』に秘められた“たくらみ”とは

    dot.

    9/23

  • 平安人の心で「源氏物語」を読む

    平安人の心で「源氏物語」を読む

    週刊朝日

    7/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す