エンゼルス、このままでは来季も“苦戦”か オフに積極補強も「弱点」埋まらず

2022/12/14 18:00

 今季はシーズン途中からトレードの噂が絶えなかったエンゼルスの大谷翔平。今季終了間際の10月1日には1年3000万ドル(約40億5000万円)で来季契約を結び、ひとまずエンゼルス残留が決まったが、“勝てるチーム”でのプレーを望んでいるだけに先が読めないところもある。

あわせて読みたい

  • 大谷の去就にも影響?「エンゼルスを出る喜び」 退団選手が飛躍、入団選手が低迷の傾向

    大谷の去就にも影響?「エンゼルスを出る喜び」 退団選手が飛躍、入団選手が低迷の傾向

    dot.

    9/10

    大谷翔平所属のエンゼルスが“勝てない” 世界一を狙えるのは数シーズン後?

    大谷翔平所属のエンゼルスが“勝てない” 世界一を狙えるのは数シーズン後?

    dot.

    9/2

  • 「メジャーの大物」のNPB入りはあるのか? 今オフ“可能性”がある選手を探ってみた

    「メジャーの大物」のNPB入りはあるのか? 今オフ“可能性”がある選手を探ってみた

    dot.

    11/9

    勝てないエンゼルス、今年も「売り手」濃厚か トレード期限までにカギとなる“有望株”の動き

    勝てないエンゼルス、今年も「売り手」濃厚か トレード期限までにカギとなる“有望株”の動き

    dot.

    6/26

  • 大谷を「トレード要員」にするのが最善の道か エンゼルスの“手詰まり感”漂う補強戦略

    大谷を「トレード要員」にするのが最善の道か エンゼルスの“手詰まり感”漂う補強戦略

    dot.

    7/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す