日本代表選手の「市場価値」は思ったより高い? W杯で同組の国と比べて見えた“現実”

2022/10/05 18:00

 カタールW杯(11月20日開幕)を前にした最後の代表ウィークを終え、本大会出場各国および各代表監督は、いよいよ出場登録メンバー(最大26人)を確定させる。我らが日本代表の“最終戦力”に注目が集まる中、グループリーグE組各国(日本、ドイツ、コスタリカ、スペイン)の力関係を、データサイト『transfermarkt』の「市場価値」から考察したい。※対象の選手は過去1年以内に代表に招集。市場価値は10月4日時点。

あわせて読みたい

  • 日本人選手の海外組、今季「評価を上げたトップ3」「評価を下げたワースト3」は?

    日本人選手の海外組、今季「評価を上げたトップ3」「評価を下げたワースト3」は?

    dot.

    3/22

    その差は10倍…日本代表とベルギー代表、市場価値で見た“衝撃的格差”

    その差は10倍…日本代表とベルギー代表、市場価値で見た“衝撃的格差”

    dot.

    7/1

  • 1ゴール当たり10億円以上の選手も… 高騰する移籍市場で“ムダ”となった巨額マネー

    1ゴール当たり10億円以上の選手も… 高騰する移籍市場で“ムダ”となった巨額マネー

    dot.

    5/8

    柴崎はスペイン2部、清武はJ復帰へ それぞれの選択の裏にあったものとは?

    柴崎はスペイン2部、清武はJ復帰へ それぞれの選択の裏にあったものとは?

    dot.

    2/2

  • ネイマール、ポグバ、ロナウド…超大型移籍の“光と影”

    ネイマール、ポグバ、ロナウド…超大型移籍の“光と影”

    dot.

    8/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す