“弱点”を補える選手は誰だ? ドラフト補強ポイント【日本ハム・ロッテ・楽天】

ドラフト

2022/09/29 18:00

健大高崎・清水叶人
健大高崎・清水叶人

 プロ野球のドラフト会議まであと約3週間となり、各球団の動向や候補選手についての報道も多くなる時期となってきた。今年は本命らしい本命は不在という印象で、近年多かった事前の1位指名公表も少なくなることが予想されるが、各球団どんな選手を狙うべきなのか。補強ポイントと、その選手がチームにマッチするかという点から探ってみたいと思う。今回は現在パ・リーグのBクラスに沈んでいる日本ハム、ロッテ、楽天の3球団だ。

【写真】「サプライズ1位」指名の可能性ある注目打者がこちら

*  *  *

【日本ハム】

 5位に大差をつけられて最下位に沈んだ日本ハムだが、先発投手は伊藤大海、上沢直之、加藤貴之と安定した3人が揃い、野手も清宮幸太郎、万波中正、今川優馬が二桁ホームランを記録するなど全体的に戦力は底上げされた印象を受ける。その中で補強ポイントを挙げるとすれば、リリーフの強化、将来の正捕手候補、近藤健介の後継者などとなりそうだ。

 まず補強ポイント関係なく推したいのが二刀流で注目を集めている矢沢宏太(日本体育大・投手兼外野手)だ。投手としては即戦力としては物足りないものの短いイニングであればストレートとスライダーである程度抑え込める可能性はあり、野手としてはプロでもトップクラスの足と肩を備えている。そして何より投手、野手両面でまだまだ能力の底が見えないというのが大きな魅力だ。ビッグボスからは野手の方が良いという発言もあったが、やはり二刀流に挑戦してもらいたいという声も多い。外野手でメインとして出場し、リリーフでも起用するという新たな形の二刀流も検討してもらいたいところだ。

 リリーフは層が薄いだけに比較的早く使える投手を複数狙いたいところだが、2位以降でおすすめしたいのが橋本達弥(慶応大)、小孫竜二(鷺宮製作所)の2人だ。橋本はスピードに加えてカットボール、スプリットという絶対の武器があるのが大きな魅力。小孫は短いイニングでのストレートの勢いはアマチュア全体でも上位で、今年は安定感を増している。2位のウェーバーが早いことから、1位候補にもなっている益田武尚(東京ガス)をリリーフ起用を想定して獲得するというのも面白そうだ。

NEXT

ロッテの補強ポイントは?

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • 日本ハムは“スター性”も抜群な大学生 各球団「ドラ1」で狙いたい選手【パ・リーグ編】

    日本ハムは“スター性”も抜群な大学生 各球団「ドラ1」で狙いたい選手【パ・リーグ編】

    dot.

    9/9

    オリックス、ロッテ、日ハムは佐々木、奥川を外したらこの選手を狙え!

    オリックス、ロッテ、日ハムは佐々木、奥川を外したらこの選手を狙え!

    dot.

    10/13

  • 【2022ドラフト採点簿】パ・リーグはオリックスが最高点 最低評価で並んだ2チームとは

    【2022ドラフト採点簿】パ・リーグはオリックスが最高点 最低評価で並んだ2チームとは

    dot.

    10/22

    投手はどの選手を狙うべき? ドラフトの補強ポイント【ロッテ・オリックス・楽天編】

    投手はどの選手を狙うべき? ドラフトの補強ポイント【ロッテ・オリックス・楽天編】

    dot.

    9/30

  • 各球団“エース候補”はマスト! ドラフトの補強ポイント【ソフトバンク・西武・日本ハム編】

    各球団“エース候補”はマスト! ドラフトの補強ポイント【ソフトバンク・西武・日本ハム編】

    dot.

    9/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す