早期の肺がんが見つかったケースも! 皮膚の症状から疑われる三つの内臓の病気【医師が解説】

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

がん

2022/09/16 07:00

皮膚に症状が出ているからといって皮膚の病気だとは限りません。内臓の病気が原因で皮膚に症状が出ていることがあります。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、皮膚に症状がありながら、内臓の病気に気をつけたほうがよい疾患について解説します。

あわせて読みたい

  • 皮膚の検査で内臓の病気を診断? 皮膚科に依頼が来る四つの病気【医師が解説】
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    皮膚の検査で内臓の病気を診断? 皮膚科に依頼が来る四つの病気【医師が解説】

    dot.

    9/30

    ノーベル賞受賞のC型肝炎ウイルス 肝臓の病気なのに皮膚のブツブツで見つかるケースも
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    ノーベル賞受賞のC型肝炎ウイルス 肝臓の病気なのに皮膚のブツブツで見つかるケースも

    dot.

    10/9

  • 爪の変色で考えられる病気は? 白く濁る、緑色、黄色、黒色の線…皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    爪の変色で考えられる病気は? 白く濁る、緑色、黄色、黒色の線…皮膚科医が解説

    dot.

    10/15

    「いんきんたむし」に似ている「皮膚がん」も! 皮膚科医が指摘する三つの見逃しやすいタイプとは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「いんきんたむし」に似ている「皮膚がん」も! 皮膚科医が指摘する三つの見逃しやすいタイプとは?

    dot.

    11/8

  • 大人になって新しくできた「ほくろ」は皮膚がんに注意 「いい皮膚」の日に知っておきたいサイン
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    大人になって新しくできた「ほくろ」は皮膚がんに注意 「いい皮膚」の日に知っておきたいサイン

    dot.

    11/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す