東大、コロナ感染での試験欠席に厳しい「救済策」 学生から「留年する」「学費が……」の悲痛の声

2022/08/18 08:00

東大・安田講堂
東大・安田講堂

 東大のコロナ対応を巡り、学生から悲痛な声が上がっている。大学側は「コロナ感染の虚偽申請」があることを理由に、感染して試験を欠席した学生のための追試を廃止した。その結果、その後の進路に大きく影響しそうな学生が出ているという。日本のトップの大学で何が起きているのか。

【学生自治会が作った、「コロナ欠席」の代替措置を訴えるビラはこちら】

「進路に影響が出てしまう。本当にショックです」

 こう話すのは、東京大学教養学部(文科3類)の女子学生Aさんだ。Aさんは7月の定期試験の期間中に、コロナに感染した。39度以上の高熱が続き、ひどい倦怠(けんたい)感もあったという。自宅療養の期間中に予定されていた試験は四つ。すべて欠席することになった。

 教養学部ではこれまで、コロナの感染者、濃厚接触者、疑似症がある学生たちについて、定期試験が受験できない場合、全ての科目で100点満点の代替措置(追試)を行ってきた。

 しかし、6月6日、教養学部はコロナ感染に関する追試を一部の科目以外は廃止、追試がある科目でも75点を上限とすることになった。

 これは定期試験を受けられなかった1、2年生にとっては、その後の進路にかかわるのだ。大半の東大生は1・2年次は教養学部に所属し、3年次に法学部、経済学部、理工学部など各学部に進学する。希望の学部・学科に行くためには、1・2年次の成績が重要になってくるのだ。

 Aさんは欠席した4科目のうち、2科目は追試があったが、もう2科目については追試がなかった。なんとか1科目については特別に受けられたが、もう1科目については「学部から認められていない」として断られたという。Aさんはこう語る。

「追試が受けられた2科目についてはどんなに頑張っても通常の75%しか点数が取れない。もう一つの科目は、追試がないので0点。目指していた進路は厳しいかなと思い始めました。コロナの高熱でうなされているときも『進路はどうしよう』『一生懸命勉強してきたのに』ってずっと考えていました。今後の計画が狂ってきている」

NEXT

東大「学生間の成績の公平性を厳密に担保する必要がある」

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • 東大で「評価取り違え」、コロナ欠席学生に成績発表後の大幅減点 東大側の不透明点の多い対応に疑問

    東大で「評価取り違え」、コロナ欠席学生に成績発表後の大幅減点 東大側の不透明点の多い対応に疑問

    AERA

    8/24

    コロナ患者「一律に10日間療養」に疑問 診察の現場で女医が思うこと
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    コロナ患者「一律に10日間療養」に疑問 診察の現場で女医が思うこと

    dot.

    8/24

  • GW10連休に

    GW10連休に"休めない"大学生が続出!? その理由とは?

    dot.

    4/27

    コロナ禍で「入試戦線」異状あり! 早慶・MARCH狙い目の意外な理由

    コロナ禍で「入試戦線」異状あり! 早慶・MARCH狙い目の意外な理由

    AERA

    8/26

  • 「医師国家試験」合格率が唯一100%の大学は? 学費「実質ゼロ」、1期生は尾身茂会長

    「医師国家試験」合格率が唯一100%の大学は? 学費「実質ゼロ」、1期生は尾身茂会長

    dot.

    10/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す