大阪桐蔭4人衆はどうなる ドラフトで「1チームから3人以上指名」“総崩れ”の例は

ドラフト

2022/07/14 18:00

 毎年多くの選手がドラフトで指名されてプロ入りを果たしているが、強豪チームとなると同じ年に複数の候補選手がいることも珍しくない。昨年も小園健太(DeNA1位)と松川虎生(ロッテ1位)が市和歌山から揃って1位指名を受けているが、同時に3人以上の指名となるとやはりなかなかあるものではない。古くは法政三羽ガラスと言われた田淵幸一(阪神1位)、富田勝(南海1位)、山本浩二(広島1位)の例があるが、揃って活躍しているケース、また逆に総崩れとなっているケースはどの程度あるのだろうか。2000年以降の主な例から探ってみたいと思う。

あわせて読みたい

  • ドラフトで注目浴びた「ビッグ3」や「四天王」 プロ入り後“全員成功”のケースあるか

    ドラフトで注目浴びた「ビッグ3」や「四天王」 プロ入り後“全員成功”のケースあるか

    dot.

    5/21

    全員「ドラ1」からプロでも一流に! 改めて感じる“法政三羽ガラス”の凄さ

    全員「ドラ1」からプロでも一流に! 改めて感じる“法政三羽ガラス”の凄さ

    dot.

    3/12

  • 「野球部未所属」選手の指名も…ドラフトの“隠し玉”獲得は成功しているのか

    「野球部未所属」選手の指名も…ドラフトの“隠し玉”獲得は成功しているのか

    dot.

    9/21

    大阪桐蔭の甲子園優勝投手は今…プロで苦しむ日本ハム・柿木蓮の現在地

    大阪桐蔭の甲子園優勝投手は今…プロで苦しむ日本ハム・柿木蓮の現在地

    dot.

    5/21

  • 「捕手のドラ1」はほぼ大成しない? 12球団で育成に成功、失敗した球団はどこだ

    「捕手のドラ1」はほぼ大成しない? 12球団で育成に成功、失敗した球団はどこだ

    dot.

    4/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す