大谷を「トレード要員」にするのが最善の道か エンゼルスの“手詰まり感”漂う補強戦略

2022/07/04 18:00

 大谷翔平が所属するエンゼルスは2014年を最後にプレーオフから遠ざかっている。今年は8年ぶりのポストシーズンへ向け、開幕当初は好調をキープしていたものの、5月後半から14連敗を喫するなど厳しい状況になってきた(現地7月3日終了時点で所属するア・リーグ西地区で首位アストロズから15.5ゲーム差の4位)。

あわせて読みたい

  • 大谷翔平はエンゼルスを退団してしまうのか 当初の “青写真”が崩れた球団の決断は

    大谷翔平はエンゼルスを退団してしまうのか 当初の “青写真”が崩れた球団の決断は

    dot.

    7/9

    勝てないエンゼルス、今年も「売り手」濃厚か トレード期限までにカギとなる“有望株”の動き

    勝てないエンゼルス、今年も「売り手」濃厚か トレード期限までにカギとなる“有望株”の動き

    dot.

    6/26

  • 大谷翔平所属のエンゼルスが“勝てない” 世界一を狙えるのは数シーズン後?

    大谷翔平所属のエンゼルスが“勝てない” 世界一を狙えるのは数シーズン後?

    dot.

    9/2

    大谷翔平の活躍と裏腹にチーム低迷、エンゼルスの「トラウタニ」が終焉する日も

    大谷翔平の活躍と裏腹にチーム低迷、エンゼルスの「トラウタニ」が終焉する日も

    dot.

    6/26

  • 大谷翔平所属のエンゼルス、他球団に“劣る”補強戦略 今後は抜本改革も必要か

    大谷翔平所属のエンゼルス、他球団に“劣る”補強戦略 今後は抜本改革も必要か

    dot.

    7/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す